ベルジャンホワイト(Belgian White)ってどんなビール?

ベルジャンホワイト(Belgian White)ってどんなビール?

世界中には、なんと100種類以上のビールが存在しています。でも日本国内で広く流通しているビールは、たった1種類。黄色くてのどごしと苦みを楽しむ「ビール」以外にも、個性豊かなビールがたくさんあるのです。ビールの奥深さをもっと楽しんでみませんか?

この記事では「ベルジャンホワイト」というビアスタイルを紹介します。

ベルジャンホワイト(Belgian White)とは

ベルジャンホワイト「水曜日のネコ」

ベルジャンホワイト(Belgian White)は、ベルギーで古くから造られていた伝統的なビアスタイル。小麦を使用すること、ハーブやオレンジピール(オレンジの皮)を副原料として用いていることが特徴です。

ベルジャンホワイトの特徴は、小麦由来の甘酸っぱさ、ベルジャン酵母とハーブ、オレンジピール由来のフルーティな香りです。青りんごを思わせる香りに包まれた、甘酸っぱい小麦の味わいと優しい炭酸が、爽やかに喉を潤してくれます。

ベルジャンホワイトの基本情報

発祥国ベルギー
発酵方法上面発酵酵母(エール酵母)で発酵
アルコール度数4.8%~5.2%
ビールの色合いペールストロー~ストロー

ベルジャンホワイトの発祥・歴史

ベルジャンホワイト「ヒューガルデン・ホワイト」
(出典:https://hoegaarden.jp/)

ベルジャンホワイトは、中世で広く親しまれていたビアスタイル。
でも産業の近代化の中で一時期ピルスナーに淘汰されてしまいます。

そんなベルジャンホワイトを復活させたのが、ヒューガルデン・ホワイトを創りだしたピエール・セリス氏。すっきりと飲みやすいヒューガルデン・ホワイトはクラシックなスタイルにも関わらず、若者を中心に瞬く間に広がりました。

苦味が少ない「白ビール」の一種

読んで字のごとく、ベルジャンホワイトは「白ビール」の一種。
白ビール(ホワイトビール)は、小麦麦芽もしくは小麦を用いてつくるビールです。苦味が少なく、やさしい味わいが特徴です。

白ビールをさらに分解すると、ベルジャンホワイトの他に、ヴァイツェンやアメリカンウィートエール等のビアスタイルが存在しています。

小麦・ハーブ・オレンジピール由来の香り

ベルジャンホワイトの前身は、ホップの代わりにカルダモン、コリアンダーなどのハーブを使う「グルート」がだったと言われています。そのこともあってか、今でもベルジャンホワイトにはコリアンダーでスパイシーな風味付けをおこないます。

小麦由来の甘酸っぱさ、ベルジャン酵母とコリアンダー、オレンジピール由来のフルーティな香りを感じられるのが、ベルジャンホワイトの特徴。ぜひ青りんごを思わせる香りを探してみてください。

ベルジャンホワイトにあう一品

ベルジャンホワイトに合う「あさりのビール蒸し」

ベルジャンホワイトには、ムール貝のビール蒸しが鉄板のペアリング。
でもムール貝はなかなか手に入らないので、あさりで作ってみましょう。包丁要らず、蓋のできる鍋と材料さえあれば10分でできちゃう、ちょっとお洒落なおつまみです。

おすすめのベルジャンホワイト

私たちヤッホーブルーイングがおすすめするベルジャンホワイトは、この2本!

水曜日のネコ

水曜日のネコ

まずおすすめしたいのが、私たちがつくる「水曜日のネコ」

2012年に発売してから、様々な方に愛されているベルジャンホワイトです。グラスに注げば立ちのぼる、青りんごを思わせる香りとオレンジピールの爽やかな香り。ほのかなハーブ感がフルーティさを引き立て、すっきりとした飲み口がやさしく喉を潤してくれます。

WHITE ALE

WHITE ALE
(出典:https://www.saintarcherbrewery.com/beer/white-ale/)

2本目におすすめしたいのが、セイントアーチャーの「WHITE ALE」

香り・味わい・余韻、全てのバランスが素晴らしいベルジャンホワイトです。はじけるような柑橘の瑞々しい香り、軽やかな酸味、すべてが爽やか。とても綺麗な味わいなので、リフレッシングできること間違いなし。何度でも飲みたくなっちゃうベルジャンホワイトです。

いかがでしたか?

ベルジャンホワイトは、ビールが苦手な方にも飲んでいただきたいビール。
ぜひ一度ためしてみてくださいね。

(おわり)

この記事に出てくる商品
水曜日のネコ 詳細はこちら
1つ星6