クラフトビールができるまで | よなよなエール定期宅配 - よなよなの里
はじめてのクラフトビール

はじめてのクラフトビール

クラフトビールができるまで

ビールはバラエティに富んでいる!
醸造家もーりー

理想のビールをつくりたい。
だから私たちは手を抜かない。

おいしいビールができるまで

  • 仕込み
    仕込み
  • 発酵・貯酒
    発酵・貯酒
  • 充填
    充填
仕込み
  • 「麦汁」をつくりだす工程
    「麦汁」をつくりだす工程
  • 「麦汁」に「ホップ」を加える
    「麦汁」に「ホップ」を加える

仕込みとは、麦芽からビールのもとになる「麦汁」をつくりだす工程です。細かく砕いた麦芽とお湯を混ぜ、大きな釜でかく拌しながら温度を上げていきます。こうすることで、麦芽に含まれているデンプンが糖へと変化していきます。糖は酵母が活動する際の大事な栄養源となります。
糖化が進むにつれて、麦芽とお湯を混ぜて煮込んだものはおかゆ状になります。これをろ過したものが「麦汁」。とても甘い、麦のジュースのようなものです。この麦汁を煮沸するタイミングで、ホップを投入し、苦味と香りを付けます。煮沸する時間によって苦味と香りの付き方が変わるので、投入のタイミングは分単位でコントロールしています。

発酵・醸成
  • 麦汁を発酵タンクへ
    麦汁を発酵タンクへ
  • エール酵母を麦汁に加えて発酵

冷却した麦汁を発酵タンクへと移し、そこに酵母を加えます。酵母が麦汁の糖分を食べることで、アルコールと二酸化炭素(炭酸ガス)、そして香りのもととなるエステルが生成されるのです。よなよなの里では、この工程でもホップを漬け込む「ドライホッピング」という技法を使い、さらにしっかりとした香り付けをおこなうことがあります。
そして、発酵が終わったビールは貯酒室へと移動させます。ビールを2週間ほど熟成させ、まとまりのある味に仕上げるのが「貯酒」の工程です。

充填
  • 熟成したビールを丁寧に充填
    熟成したビールを丁寧に充填

熟成が進んだビールから、酵母や不要な成分などを取り除くためにろ過します。ビールづくりの主役だった酵母はここで役目を終え、ろ過されたビールは澄んだ美しい色になります。このビールを缶に充填して、皆様のもとにお届けしています。

その一 香り引き立つ13℃で飲むべし
その一 香り引き立つ13℃で飲むべし
その一 香り引き立つ13℃で飲むべし
その一 香り引き立つ13℃で飲むべし

目指す理想のビール像

私たちは、どんなビールに仕上げたいかを細部までイメージしながらレシピを設計します。口に含んだ途端に甘みがひろがって、次に酸味がほのかに感じられて…というような味わいの変化、香りの変化など、ビールの「ストーリー」をがっちり決めてから仕込むんです。設計を実際にカタチにするのは難しく、偶然の発見で前に進むこともあれば、そううまくはいかないことも多々あります。試行錯誤の毎日ですが、ビールが好きだからまったく苦ではないんですよ!むしろずっとビールのことを考えています。
自分の中には「理想のビール像」があります。その理想像は、知見を増やしていくにしたがって、常に更新されているんです。新たなビールづくりに挑戦していく中で、どんどん挑戦したいことが増えていく。こんなに幸せなことはありません。

目指す理想のビール像

\クラフトビールを飲み比べ/

このページのトップへ戻る