水曜日のネコにはこれ!「秋の旬 いちじくが主役のパーティー生春巻き」

水曜日のネコにはこれ!「秋の旬 いちじくが主役のパーティー生春巻き」

まりも

こんにちは、まりもです! 「水曜日のネコ」に合う生春巻き決定戦、負けません……!

この料理に合うビール
水曜日のネコ 詳細はこちら
調理時間 20分

この時期旬のいちじくが大好きな私。
秋冬シーズン増えていくホームパーティー(やオンライン飲み会)で、「水曜日のネコ」と一緒に華やかな生春巻きを披露できたら絶対盛り上がる!と勝手に確信しています。「水曜日のネコ」にいちじくの自然な甘さは合うはず。

今回紹介するのは『秋の旬いちじくが主役のパーティー生春巻き』です!

材料(2人分)

ライスペーパー:数枚
いちじく:大1個
サラダ菜(ベビーリーフ、サニーレタス等でもOK):数枚
アボカド:1個
生ハム:4枚
モッツァレラチーズ(円球のひとくちタイプがおすすめ):適量
くるみ:5個程度
塩:適量
粗挽き白胡椒:適量
バルサミコ:適量

つくりかた

1. 下ごしらえ

下ごしらえ

胡桃をジップロックに入れ、めん棒や瓶の底などで叩く。

下ごしらえ

いちじくは4等分にカットし、3~5mm弱の厚みにスライスする。アボカドは5~10mmの厚みにくし切りにする。

下ごしらえ

アボカドとモッツァレラチーズに軽く塩胡椒をして、軽く混ぜておく。

2. 巻く

巻く

ライスペーパーを水で濡らし、下から生ハム、アボカド2本横並び、チーズ、くるみ、手でちぎったサラダ菜の順に乗せる。数回巻き、あと一巻き分のところでいちじくを敷く。ライスペーパーの端を内側に畳んで巻いてできあがり。お好みでバルサミコを付けて召し上がれ!

ペアリングのワンポイント

やさしい甘みとほのかな酸味を合わせる!

まりも

いちじくは「映える」だけでなく、整腸と美肌効果があり、鉄分も豊富……と、女性にぴったりの秋のフルーツ。やさしい甘味とほのかな酸味が、「水曜日のネコ」の甘味と爽やかな酸味を引き立てます。
酸味の強いバルサミコや、白こしょうを加えることで、甘すぎずおつまみにぴったりの味わいに。くるみの香ばしい香りもアクセントになり、「水曜日のネコ」がすすむ一品です。

試食担当コメント

スタッフ・らう

いちじくって映え間違いなしですよね。ずるいなぁ。ではいただきます。……ん? あっ、予想以上におつまみっぽい味ですね!いちじくの甘味と生ハムの塩気、アボカドの油分があるから、水曜日のネコの甘味がものすごく際立ちます。ビール女子必見の食べ合わせ。

この記事に出てくる商品
水曜日のネコ 詳細はこちら
この記事を書いた人
まりも

名前の由来は、両親の遺伝子を受け継いだ異常な毛量から。 ビール片手に映画に浸る時間が何よりの幸せ。 毎朝起きてすることは、ハリウッドスターのゴシップニュースチェック。

この人の記事をもっと見る
1つ星3