御代田醸造所から初リリース!「ワークスエール#12 IPA(Nov.2020)」開栓決定!

御代田醸造所から初リリース!「ワークスエール#12 IPA(Nov.2020)」開栓決定!

こんにちは!公式ビアレストラン「よなよなビアワークス」担当のアルフです。

東京都内に8店舗を構える「よなよなビアワークス」。
ここだけで楽しめる限定ビール「ワークスエール」の第12弾のリリースがついに決定しました。新虎通り店では11月8日(日)から、歌舞伎町店を除く他6店舗では11月9日(月)から、それぞれ数量限定での提供となります(無くなり次第終了です)。

このビールは、私たちの新しい醸造所「御代田醸造所」からの初のリリースとなるビールでもあります。今回は「ワークスエール#12 IPA(Nov.2020)」がどんなビールなのか、少しだけお伝えします!

(この記事は2020年11月6日に更新しました)

そもそも「ワークスエール」とは?

ワークスエール」とは、「ブルワーズチャレンジ」をコンセプトにつくられた、よなよなビアワークスでしか楽しめない「少量・実験的・個性的」なビールです。

私たちは「ビールに味を!人生に幸せを!」というミッションのもと、これまで画一的であったビールの楽しみ方を拡げる活動を続けています。世界には100種類を超えるビアスタイル(ビールの種類)がありますが、ビールのトレンドは日々アップデートされてゆくもの。だから私たちは「ワークスエール」として、少量だからこそ出来る実験的で個性的なビールを世に出してきました。

そんな「ワークスエール」の第12弾がこの度リリースとなります!
ワークスエールにもっと興味を持った方は、コチラの詳しい紹介も御覧ください!

「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」ってどんなビール?

今回リリースするのは「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」
そのコンセプトは、アロマの可能性を最大限引き出した、ブルワーが”今”一番飲んでほしいIPA。

メインホップに「シトラ」を使用し、柑橘香はもちろん青草のような香りも感じられる複雑でパワフルなホップアロマ。また、「CRYOホップ」も使用することで、ホップフレーバーは華やかに感じられつつ、渋みのもととなるポリフェノールを減らし、クリーンな飲み口でかつバランスの取れた味わいを実現しました。

ブルワーが”今”、一番飲んでほしいワケは?

IPAというビアスタイルはクラフトビールブームの牽引役として非常に人気です。私達も「インドの青鬼」という定番でお楽しみいただける自信作を常時お出ししています。しかしビールには「今」のトレンドというものもあります。

IPAでいうと、少し前までは「ウエストコーストスタイル」と言われたアメリカ西海岸を拠点とするブルワリーが作る、鼻腔から脳に突き刺さるようなホップの青々とした香りと、喉の奥にしばらく残るような苦味が特徴の刺激的なビールが非常に人気でした。僕個人としてもビールにドハマりしたきっかけのビアスタイルなので、定期的にここに戻っては「やっぱりいいな・・・」と思ったりします。

そんなIPAの最新トレンドは、ホップのアロマは最大限に活かしつつも、ホップ由来の「エグみ」や「シブみ」といったネガティブなフレーバーが極力感じられない、良いところどりのクリーンなIPAです。

今回のワークスエール#12 IPA (Nov.2020)はそんな世界の水準を目指して作られたIPA!
だからこそ、「今」飲んでほしいのです。

CRYOホップによるエグみの解消

アロマを出そうとホップをたくさん加えると、「エグみ」や「シブみ」が生じてしまいます。

これを解消する手段の一つとして、「CRYOホップ」という新たな技術で作られたホップを使用しました。CRYOホップとは、ホップの中でもアロマ成分を多く含むルプリンという黄色い精油成分だけを集めてペレット状に精製したものです。

通常のホップと比較して、苦味のもととなるポリフェノールが少なく香りだけを高める事に役立つのです。

ブルワーからのコメント

左から:ちゃんりょ、がみた

このビールは「世界水準のIPA」を目指して醸造しました!
実際に品評会で金賞を取ったビールをいくつも取り寄せてテイスティングを行った際、「ビールの特徴が際立っている」「クリーンな味わいである」という2つの共通点があることに気付いたんです。今回のIPAはその2つを達成すべく醸造しました。CRYOホップの使用といった新たな取り組みももちろんありますが、1番は一つ一つの工程を丁寧に見直したことにあると思っています。ぜひ、僕たちが「今1番飲んで欲しいIPA」を楽しんで下さい!

ワークスエール#12 IPA(Nov.2020)

新虎通り店開栓日:2020年11月8日(日)
全店提供開始日:2020年11月9日(月)

数量限定での提供となります。
各店、無くなり次第終了となりますのでご了承ください。

「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」開栓DAYのおしらせ

気になる「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」。
いち早く楽しめる「先行開栓」がよなよなビアワークス新虎通り店で実施されます!

なお、YONA YONA BEER WORKSでは全てのお客様に安心してクラフトビールやお食事を楽しんでいただけるよう、新型コロナウイルス感染拡大予防策を徹底しております。何卒、お客様にもご協力をお願い申し上げます。つきましては、ご来店前にこちらより詳細をご確認ください。

「開栓DAY」概要

日程:2020年11月8日(日)13時〜15時
時間:13時乾杯!(12時45分頃を目安にお席についていただけますとスムーズです)
入場料:なし(通常通りのご注文をお願いします)

場所:YONA YONA BEER WORKS 新虎通り店
電話番号:03-6402-4711

※15時以降も11月8日(日)中はペアリングフードはお楽しみいただけます。
※お越しの際には事前のご予約がおススメです。

①この日だけ!ペアリングフード登場 (11/6更新)

当日限定で新虎通り店だけのペアリングフードが登場!
「自家製バンズのミニバーガー&鶏チャーシュー」を提供します。

店舗で焼き上げた自家製バンズに、茎わさびの辛さがクセになる、タルタルソースのミニバーガー。隣に添えた鶏チャーシューは、ほうじ茶で煮ることで香ばしさを出しました。ソースにもほうじ茶を入れ、苦味と風味をプラス。辛さや苦味に着目したフードは「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」に合うこと間違いなし!

ぜひ、ワークスエールと一緒にお楽しみ下さいね。

②ブルワーによるワークスエール解説動画公開

がみたとちゃんりょ

当日はブルワーの来店はありませんが、目一杯魅力について語った動画を公開します!
このビールに込めた思いや工夫について触れることでより美味しく感じる事間違いなし?
お楽しみに!

今しか飲めない「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」をためしてみませんか?

「ワークスエール#12 IPA (Nov.2020)」は9月に新しく構えた「御代田醸造所」で作られています。

御代田醸造所はたくさんのビールを作れない代わりに、小規模で実験的なビールを数多く生み出す場として活躍していく予定です。新たな醸造設備で私達のミッション「ビールに味を!人生に幸せを!」をさらに推進します!
これからもご期待下さいね!

この記事を書いた人
アルフ

湘南育ちの丘サーファー。筋肉痛と立ち食いそば屋が好きです。 悪そうな奴は大体友達の友達。

この人の記事をもっと見る
1つ星6