【ビールメーカー直伝】缶ビールがもっとおいしくなる飲み方

【ビールメーカー直伝】缶ビールがもっとおいしくなる飲み方

家についてから「ビールをぷしゅっと開ける瞬間」って最高ですよね。あの音を聞くだけで、今日も1日頑張ってよかったなぁ……という気持ちになります。

ところでみなさん、家でビールを飲むとき、どのように飲んでいますか?

缶からゴクゴク飲むだけでもおいしいビール。
でも、ちょっと飲み方を変えるだけで、家で飲むビールはもっとおいしく・もっと楽しくなるんですよ!

今日は「缶ビールがもっとおいしくなる飲み方」をみなさまにお伝えします。

ビールはグラスに注いで飲むべし

実は、どのメーカーのどのビールも、グラスに注いでから飲むほうがオススメです。

缶の飲み口は非常に狭く、感じられる情報が極端に少なくなってしまいます。
グラスに注いであげることにより、ビール本来のポテンシャルが存分に発揮され、色、香り、味わいを心ゆくまで堪能できます。

また、グラスの形状によっても、ビールの味わいは変わります。

居酒屋でよく見る「中ジョッキ」は、大きく開いた口から炭酸が抜けていくため、爽快な飲み心地を楽しみたいラガービールにぴったり。
一方、香りや味わいをゆっくり味わいたいエールビールには、ワイングラスのような形の「チューリップグラス」がおすすめです。香りがグラスの中に留まりやすいので、フルーティーな香りをより感じやすくなりますよ。

あなたの飲み方やビアスタイルに合わせて、理想のグラスを選びましょう。

まずは「色」を愛でよう

グラスをかざしてビールの「色」をチェック

グラスにビールを注いだら、ぐいっと飲みはじめる前に、まずは「ビールの色」を眺めてみてください。

「ビールの色は黄金色」とよく言われますが、ビアスタイル(ビールの種類)によって、ビールの色は大きく変わります。

ビールの色ってどんな色がある?

淡い麦わら色(ペールストロー)、深い金色(ディープゴールド)、真っ黒(ブラック)など、感じ方も人それぞれ。ビール本来の色をじっくり確かめてみてくださいね。

「香り」をしっかりたしかめよう

チューリップグラスに鼻を近付けて、ビールの香りを嗅いでみる

色をじっくり楽しんだら、次はグラスに鼻を近付けて、香りをスゥッと嗅いでみてください。

特に上面発酵のエールビールは、ビアスタイル(ビールの種類)によって香りがまったく異なります。オレンジやレモンを思わせる柑橘香、ピーチを思わせる甘くフルーティーな香り、青々しい草の香り、アースィー(土のような)香り……。

ひとつだけでなく、ふたつ以上の香りが絡み合っている場合も多々あります。わくわくしながら、いろんな香りを見付けてみるのも楽しいですよ。

「味わい」をゆっくり楽しもう

色と香りを楽しんだら「味わい」をゆっくりと楽しむ

色と香りを心ゆくまで堪能したら、最後に、ビールを味わいましょう。

ビールを一口ゆっくり飲むと、飲みはじめ(トップ)~中盤(ミディアム)~後味と余韻(フィニッシュ)ごとに、味わいが変化していくことに気付くはずです。ビールは、単に「苦い」だけの飲み物ではありません。苦み、甘み、酸味……さまざまな味わいを包括しているんですよ。

ビールの味わいの「奥深さ」をゆっくり楽しむ夜、というのも、また乙なものですね。

次第に「色の濃い」ビールへ

色の薄いビールから濃いビールまで揃っている写真

いろんなビールを飲み比べたいときって、ありますよね。
そんな時は、色の「薄い」ビールから飲み始めることをオススメします

たとえば、料理を食べるとき。味の濃いものから食べ始めると、あとで薄いものを食べても味がわからなくなってしまいませんか? 実は、ビールでも同じことが言えるんです。

色の薄いビールは、濃いビールに比べると、比較的すっきりした香りや味わいのものが多いもの。そのため、最初にガツンと濃いビールを飲んでしまうと、繊細なビールの奥ゆかしさに気付けなくなってしまいます。

飲み比べを楽しむときは、色の薄いビールから飲み始めるべし。
ぜひ、覚えていてくださいね。

家飲みビールをもっとおいしく!

いろんなビールで乾杯している写真

瓶ビールに比べると、缶ビールは中身の劣化も遅く、ちょっと手軽に飲めるもの。
そのまま飲んでもおいしい缶ビールは、ほんのちょっと工夫するだけで、もっとおいしく・もっと楽しく飲むことができるんですよ。

ビール本来のポテンシャルを、じゅうぶんに体感していただけること間違いなし。

醸造所から届いたビールをぷしゅっと開けたら、ぜひグラスに注いで、色・香り・味わいを楽しみながら飲んでみてくださいね。

この記事に出てくる商品
よなよなエール 詳細はこちら
この記事を書いた人
らう

会報誌「月刊 月の生活」編集長。よなよな料理部の試食係でもある。最近はじめて燻製にチャレンジしたものの、うっかりチーズを溶かしてしまい、途方に暮れたらしい。

この人の記事をもっと見る
1つ星5