ポーター(Porter)ってどんなビール?

ポーター(Porter)ってどんなビール?

ポーター(Porter)って?

ポーター(Porter)は、黒ビールの一種です。焙煎したモルト(麦芽)由来のコーヒーやココアを思わせるロースト香と、グラスの向こう側が見えない程の濃い色合いが特徴です。

ポーターの基本情報

発祥国イギリス
発酵方法上面発酵酵母(エール酵母)で発酵
アルコール度数4.4%~6.6%
ビールの色合い ダークブラウン~ブラック

ポーターの発祥や歴史

ポーターというビアスタイルは、1722年にイギリスのロンドンで生まれたと言われています。

売れ残ってしまった「古いブラウンエール」と、「新しいブラウンエール」、そして「ペールエール」を混ぜてつくった「スリースレッド」という安いビールが庶民の間で人気を博したのが全てのはじまり。

「こんなに人気なら、わざわざ混ぜるのも大変だから、あらかじめ作ってしまったらいいんじゃないか」ということで生まれたのが「ポーター」というビアスタイルです。

「スリースレッド」を運んでくる人がポーター(荷運び人)だったからとか、ポーターたちに特に人気があったからとか、ポーターという名前になった由来は諸説あるようですが、
どちらにせよイギリスの庶民にとって、とても身近な存在のビールだったことが伺えます。

コク深い味わいの黒ビール

東京ブラックをシュピゲラウのグラスに注ぐ

「黒ビール」といっても、実は色々な種類があります。

「スタウト」「シュバルツ」「デュンケル」……などなど。これらと比べると、ポーターはコクがあり、丸みのある味わいなのが特徴です。

(黒ビールについてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください!)

黒ビール特有の苦味等は比較的感じづらく、モルトのふくよかなコク・甘味を感じることが出来るので「黒ビールの中でもポーターが一番好き」という方もいるほど。

「黒ビールは苦手」という方も、ぜひ一度飲んでみてはいかがでしょうか。

ポーターにあう料理

東京ブラックにあうレシピ「ビーフウェリントン」

ポーターは、ボディ(飲みごたえ)がしっかりしたビールなので、ローストビーフなどのお肉料理をあわせるのがおすすめです。

お肉のおともには赤ワイン……、という方も多いかもしれませんが、たまにはポーターをあわせてみて下さい。

牛肉が持っている香り成分は、淡色のビールや白ビールよりもポーターや赤ワインなどとの相性が良いのです。

ぜひお試しくださいませ!

ポーターにあうおすすめレシピはこちら!

ブルワーおすすめのポーター

ヤッホーブルーイングのブルワー(ビール職人)がおすすめする「ポーター」は次の2本!

東京ブラック(ヤッホーブルーイング)

ヤッホーブルーイングの黒ビール「東京ブラック」

まずは、私たちヤッホーブルーイングの「東京ブラック」。

1886年から続くビールの品評会「THE INTERNATIONAL BREWING AWARDS」で賞を獲得したこともあり、美味しさはお墨付きです。

「黒ビールの本場・イギリスで飲むような、新鮮な黒ビールを日本に広めたい!」という思いでつくった「東京ブラック」、ぜひ一度お試しください。

東京ブラックの販売ページはこちら

TADDY PORTER(Samuel Smith’s Brewery)

Samuel Smith's BreweryのTADDY PORTER
出典:https://www.samuelsmithsbrewery.co.uk/shop/bottles/stout-bottles/taddy-porter/

ダークチョコレート・ブラウンシュガー・コーヒーのような香りの奥に、わずかに干しブドウの香りを感じることができます。ごくごくと飲むのではなく、ちびりちびりと啜りながら飲みたい、そんなビールです。

ゆっくり読書をしながら……なんていうシチュエーションがぴったりの、穏やかで丸みのある味わいですよ。

ポーターの魅力が少しでも伝わったら嬉しいです。それではまた!

(おわり)

この記事に出てくる商品
東京ブラック 詳細はこちら
この記事を書いた人
いっくん

サウナと水風呂と外遊びが好きな「よなよなアウトドア部」部長です。

この人の記事をもっと見る
1つ星4