バーレーワイン(Barley Wine)ってどんなビール?

バーレーワイン(Barley Wine)ってどんなビール?

バーレーワインって?

バーレーワイン(Barley Wine、バーレイワインとも)は、直訳すると「麦のワイン」という意味。通常のビールの10倍以上もの時間をかけて熟成させる「長期熟成」が特徴のビアスタイルです。

力強いモルト(麦芽)の甘みとボディの強さ、アルコール度数の高さに加えて、熟成を重ねたことによるカラメル・ハチミツ・レーズンの様な香りも感じられます。

バーレーワインの基本情報

発祥国イギリス
発酵方法上面発酵酵母(エール酵母)で発酵
アルコール度数8.0%~12.0%
ビールの色合いディープゴールド~ブラウン

バーレーワインの発祥や歴史

ビールづくりの歴史をさかのぼってみると、バイキングの時代(中世~1000年代)につくられていたビールは濃い麦汁のみを使用していたため、すべてのビールが今日のバーレーワインのような強いお酒だったそう。

ビールづくりが盛んになってきた18世紀の中盤には「オールド」「ストロング」「ストック」……などと表現されたバーレーワインが意図的につくられていた記録があるのですが、バーレーワインというひとつのビアスタイルとして認知され始めたのは20世紀初頭に入ってから。バーレーワインは、意外と最近確立されたビアスタイルなのです

ブルワー(ビール職人)が手塩にかけて育てるビール

ヤッホーブルーイング_醸造風景

バーレーワインの最も特徴的なポイントは、他のビアスタイルのビールに比べて、つくるのに圧倒的な時間がかかること。一般的なエールビールの熟成期間は約2~3週間程度ですが、バーレーワインの熟成には半年~1年以上かかることも。

私たちヤッホーブルーイングでも毎年バーレーワインを仕込みますが、熟成には最低でも半年を要します。その間もブルワー(ビール職人)が都度熟成の進み具合をチェックする必要があり、まさに手塩にかけて育て上げる……そんなビールなのです。

もちろん時間をかけた分、出来上がった時の味わいはまた、格別ですよ……!

時間をかけてゆったり楽しみたい

バーレーワインの香りを楽しむ

つくるのにとても長い時間がかかるバーレーワイン。飲む際にも時間をかけて楽しみたいものです……。なぜならゆったりと飲んだ方が、バーレーワインの持つ魅力を存分に味わえるから!

熟成を重ねることによって醸成されたカラメルやハチミツ、レーズンのような複雑な香りは、冷たいバーレーワインが徐々にぬるくなっていくにつれて花開くのです。

ワイングラスや、ブランデーグラスのような形のグラスに注いで楽しむのが、一番ベスト!ぜひ特別な日のビールとして、楽しんでみてください。

バーレーワインに合う一品

バーレーワインのペアリングフード

バーレーワインは、シェリー酒やブランデーのような香り・味わいのものも多いため、おつまみにはナッツやドライフルーツ等、シンプルなものとあわせるのがいいでしょう。

ちょっと意外なペアリングをするなら……スイーツにあわせるのもおすすめです。

モルトのふくよかなコクや甘味も感じられるバーレーワインには、同じく甘味をもつスイーツが意外にもあうのです。食後のデザートと一緒にバーレーワインをちびちび……なんて楽しみ方もオツなものですよ。

バーレーワインにあうおすすめレシピはこちら!

ブルワーおすすめのバーレーワイン

ヤッホーブルーイングのブルワー(ビール職人)がおすすめする「バーレーワイン」は次の2本!

ハレの日仙人(ヤッホーブルーイング)

ヤッホーブルーイングのバーレーワイン「ハレの日仙人」

まずは、私たちヤッホーブルーイングの「ハレの日仙人」。

長期間にわたり熟成させることで、レーズンのような甘い果実香や深いコクが感じられながらも、まろやかな味わいに仕上げています。ワインやブランデーを思わせる豊潤な味わいはお祝い(=ハレの日)の席にぴったり。

1年に1回しか仕込まないビールなので、タンクにある分がなくなってしまったら、翌年に仕込むビールの熟成が終わるまでは飲むことができない……特別なビールです。

ハレの日仙人の販売ページはこちら

Old Numbskull(AleSmith Brewing Co.)

Old Numbskull(AleSmith Brewing Co.)
(出典:https://gearpatrol.com/2015/12/11/best-barleywine-beers/)

「ビール界のロールスロイス」という名を欲しいままにしている、アメリカのクラフトビール天国サンディエゴを代表するAleSmith Brewing。彼らのビールは厳しい職人の手仕事と厳格な品質保証の上に成り立つ、とても完成度の高い美しいビールばかり。

その中でも、雷のような衝撃を与えてくれるのがこの「Old Numbskull」。11%の高アルコールなのに、口当たりはどこまでもなめらか。美しささえ感じる熟成香としっかりとしたモルトのハーモニーはまさに芸術的……。冬にこそ味わってほしいバーレイワインです。

バーレーワインの魅力が少しでも伝わったら嬉しいです。それではまた!

(おわり)

この記事に出てくる商品
ハレの日仙人2018 詳細はこちら
この記事を書いた人
いっくん

サウナと水風呂と外遊びが好きな「よなよなアウトドア部」部長です。

この人の記事をもっと見る
1つ星1