【ビール片手に、ブリトー片手に。】ブレックファーストブリトー | よなよなエール公式ウェブサイト「よなよなの里」
【ビール片手に、ブリトー片手に。】ブレックファーストブリトー

【ビール片手に、ブリトー片手に。】ブレックファーストブリトー

なおG

こんばんは、なおGです。先日SNSで開催された『僕ビール君ビール復活総選挙』で「僕ビール、君ビール。よりみち」の復活が決まりましたね。今回は、そんな『よりみち』にぴったりのレシピをご紹介します!

材料(2人分)

緑のトルティーヤ
小麦粉:150g
塩:小さじ1/2
水:70g
オリーブオイル:大さじ1
ほうれん草:1株
緑茶(抹茶):小さじ1
具(お好みでOK!!!)
じゃがいも:1個
厚めのベーコン:50g
卵:1~2個
チーズ(好きなチーズでOK):適量
ひき肉:100g
好みのハーブ(セージ・タイム・ローズマリー):適量
塩:少々
胡椒:少々
サラダ油:大さじ1

つくりかた

1. トルティーヤの準備

ほうれん草は塩水で茹でて、水で冷やしてよく絞っておく。
ミキサーにほうれん草、水を加えてなめらかなペーストにする。
出来上がったペーストとトルティーヤの残りの材料をボウルに入れ、よくこねる。
まとまったらラップをして冷蔵庫で30分ほど休ませる。

2. 具の準備

ブレックファーストブリトーの具材

じゃがいも、ベーコンは1cm幅の短冊状に切っておく。
ひき肉にハーブ、塩、胡椒を加え、白っぽくなるまで練る。
フライパンにサラダ油を熱し、じゃがいも、ベーコンを炒め、
練ったひき肉を適当な大きさにちぎって一緒に炒める。
じゃがいも、ひき肉に火が通り、ベーコンがカリッとしたら
卵に塩コショウを加えて溶いたものを流し入れ、卵が半熟の状態で火を止める。
そこに、食べやすい大きさにちぎったチーズを加え、予熱で火を通す。

3.仕上げ

ブレックファーストブリトーの焼く前のトルティーヤの生地ブレックファーストブリトーのトルティーヤ

トルティーヤを厚さ2~3mm、15cmくらいの円になるように伸ばす。
油なしで蓋をして中火で焼く。膨らんで両面焼き目が少しついたらOK。
焼けたトルティーヤに2でつくった具を乗せて包んだら完成。
好みでサルサやタバスコをつけて召し上がれ!

ペアリングのワンポイント

味わいだけではなく色や国でもペアリング!

なおG

「僕ビール、君ビール。よりみち」のビアスタイルはアメリカンウィート。そこで、アメリカの料理である「ブレックファースト・ブリトー」をつくって国でペアリングをしてみました。今回は、具材として、定番のじゃがいも・卵・ベーコン・チーズをプラス。せっかくなので缶の色にも合わせて、グリーンのトルティーヤをつくってみました。こちらの料理は、味わいがしっかりしているので、軽快で小麦の優しい口当たりが感じられるよりみちを流し込むと、バランスがとれますよ。ぜひ作ってみてくださいね!

試食担当コメント

見た目と香りからして、すでにパーフェクト!「僕ビール、君ビール。よりみち」の缶と同じ色であるグリーンのトルティーヤは、華やかで目を引きますし、ハーブの爽やかな香りが鼻孔をくすぐります。いざブリトーを頬張ると、アツアツのチーズと卵、そしてスパイシーな味付けのベーコンが絡み合い、とっても濃厚で奥深い味わいに思わずニヤリ。爽やかな香りと味わいが特徴的な「よりみち」との相性も抜群で、いくらでも食べちゃえる悪魔のブリトーでした。

この記事を書いた人
なおG

料理に情熱を燃やすブルワー(醸造家)。 クラフトビールを知り尽くしており、最高のペアリングを研究中。

この人の記事をもっと見る
1つ星3