手作りチーズで差をつける!北欧のオープンサンド「スモーブロー」

手作りチーズで差をつける!北欧のオープンサンド「スモーブロー」

なおG

こんばんは、なおGです。生まれ変わった「僕ビール君ビール」には、揚げ物がぴったり!でももちろん、他にも合う料理があるんですよ。

この料理に合うビール
僕ビール君ビール 詳細はこちら
調理時間 30分~

2020年4月14日(火)にリニューアルした「僕ビール君ビール」。
レモンやマスカット、ハーブのような爽やかな香りをイメージしてつくったビールです。

今回は「僕ビール君ビール」のアロマにぴったり合うような一品を作ってみましょう!
最近流行りの「スモーブロー」は北欧のオープンサンド。手軽に作れるので、休日の一品としてもおすすめです。

材料(2人分)

お好みのパン:数枚
クリームチーズ(ハーブ入り):適量
フェタ風チーズ
牛乳(加工乳は不向き):1L
レモン果汁(酢でもOK):大さじ4
塩:たっぷり
トッピング
好みの魚介類(エビ、白身魚など):お好みで
好みの野菜(ミニトマト、白ブドウ、スプラウト、オリーブ):お好みで
レモン(スライス):お好みで
オリーブオイル:適量
塩:少々
胡椒:少々

つくりかた

1. フェタ風チーズを作る

pic_05

牛乳を沸騰直前の80~90℃まで温めて、ごく弱火にする。レモン果汁を入れてかき混ぜ、分離してきたところで火を止める。

pic_05

しっかり分離したら、キッチンペーパーを敷いたザルで濾す。

pic_05

水分(ホエイ)が抜けたら、固形分(カード)を四角く整形し、たっぷりの塩で2~3日塩漬けにする。

2. トッピングの準備

pic_05

エビ、ミニトマトは適当な大きさにカットして、オリーブオイル、塩胡椒でマリネしておく。白ブドウ、オリーブは食べやすいサイズにカットする。スプラウトは洗って水気を切っておく。レモンは薄くスライスし、お好みの大きさにカットする。

3. 盛り付け

pic_05

フェタ風チーズはそのままでは塩辛いので、ぬるま湯で10分程度塩抜きしておく。

pic_05

パンを好みの大きさにスライスして、クリームチーズを塗り、(2)を自由にトッピングする。ちぎったチーズを散らせば完成!

ペアリングのワンポイント

軽快な味と爽やかな香りで、ビールと料理をつないで

なおG

リニューアルした「僕ビール君ビール」は、レモンやマスカット、ハーブのような爽やかな香りをイメージしてつくったビールです。魚介や揚げ物がペアリングとしてはイメージしやすいですが、きっと幅広い料理と組み合わせられるはず!

というわけで、今回は流行りのオープンサンドと合わせてみましょう。トッピングも自由度高く、「映え」感を大事にしてみました。ハーブ入りのクリームチーズで香りをプラスして、重くなりすぎないように。トッピングは「味の軽快さ」と「香り」を意識して選ぶと、ビールとの相性が良くなりますよ。

試食担当コメント

スタッフ・らう

レモンとハーブが名脇役! これはもはや、休日の昼下がりにちょっと背伸びして誰かと食べたいおつまみNo.1。主役は「エビとプチトマトのマリネ」なんですが、ハーブ入りのクリームチーズと、レモン、そして白ブドウが、僕ビール君ビールのさわやかなアロマにぴったりです。フェタ風チーズのアクセントも楽しい!さて、食べ終わったら何をして過ごそうかな~。

この記事を書いた人
なおG

料理に情熱を燃やすブルワー(醸造家)。 クラフトビールを知り尽くしており、最高のペアリングを研究中。

この人の記事をもっと見る
1つ星3