黒ビールのほろ苦い味わいが小麦の甘さを引き立てる!「全粒粉パン」

黒ビールのほろ苦い味わいが小麦の甘さを引き立てる!「全粒粉パン」

調理時間 105分

長野県にあるスーパー「ツルヤ」のプライベートブランド「信州高原地ビール ブラック」を使ったパンです。黒ビールのほろ苦さが、小麦の甘さを引き立ててくれます。

ツルヤ (正式名称:スーパーマーケット TSURUYA ツルヤ)は、長野県を中心に34店舗を展開する地域密着型のスーパーで、特に「ツルヤオリジナル」商品には、その品質の良さから多くのファンがいることで有名です。「信州高原地ビール」シリーズはツルヤプライベートブランドで、現在3種類のラインナップがあり、ツルヤ全店で販売しています。

でも「信州高原地ビール ブラック」以外の黒ビールでも、おいしくつくれます。ぜひつくってみてくださいね!

パンの材料の全粒粉は細引きタイプを使うと、粉の甘みがより感じられる仕上がりに。粗びきタイプなら、素朴な歯ごたえを楽しめますよ。どちらにしても、しっとりとモチモチしたパンに仕上がります。ハムやソーセージともよく合います!

材料(手のひらサイズの丸パン8個分)

黒ビールでつくる全粒粉パンの材料
強力粉:175g
全粒粉:75g
きび砂糖:12g
塩:3g
インスタンドドライイースト:3g
「信州高原地ビールブラック」:165ml
オリーブオイル:10g

つくりかた

1.一次発酵

  • ボウルに、オリーブオイル以外の材料をすべて入れてよく混ぜる。ある程度混ざったら、オリーブオイルを入れてさらによく混ぜる。
  • 台の上に生地を出し、生地がなめらかになるまでしっかりとこねる。表面がしっかり張るように丸めて、ボウルに戻す。
  • ボウルに固く絞った濡れ布巾をかけ、30℃で約40分置いておく(一次発酵)。

2.二次発酵

  • 生地を8等分して軽く丸め、再び濡れ布巾をかけて10分ほどおく。
  • 生地を1つずつ叩いてガスを抜き、表面をしっかりと張らせて丸め直したら、底の部分をしっかりとつまんで閉じ、天板に並べる。(肉まんをひっくり返したようなイメージ)
  • 30℃の環境下で、40~50分ほど置いておく(二次発酵)。

3.焼く

  • 生地の表面に茶こしなどで全粒粉(分量外)をふるいかけ、ナイフで切込みを入れ(飾り)、霧吹きで軽く水ををかける。
  • 200℃にあたためたオーブンで約12分焼く。
     

調理のワインポイント

ロースト香とモチモチ食感が黒ビールとよく合います!

室温が低いと発酵が進まないので、冬はお部屋を暖かくして作ってくださいね。焼いた時のロースト香と、しっかりとしたモチモチの食感が黒ビールとよく合います。ぜひつくってみてくださいね!

この記事を書いた人