ビールの飲み頃温度は「ビールの種類」によって違う!?

ビールの飲み頃温度は「ビールの種類」によって違う!?

いっくん

こんばんは、よなよなスタッフの「いっくん」です。 今回は「ビールを美味しく飲むための温度」について、お伝えします。

キンキンに冷えたビールが一番美味しい?

「キンキンに冷やしたビールを、同じく冷蔵庫でキンキンに冷やしたグラスに注いでグビグビ……最高!」

普段、ビールをこんな風に楽しんでいる方も、沢山いらっしゃると思います。

確かに、暑い夏によーく冷えたビールを飲むと、もうたまらない美味しさですよね。

では、「ビールは冷えている程美味しい」のかというと……実は、そうではないのです。

クラフトビールのアロマ(香り)を嗅ぐ

なぜなら、ビールを冷やしすぎると、ビールが本来持っている「香り」や「味わい」を感じづらくなってしまうから。

(「清涼感」や「喉ごしの刺激」を楽しみたいのであれば、いわゆる「キンキン(約5℃未満)」の状態で飲むのもいいかと思いますが……!)

どんなビールも、ブルワー(ビール職人)が「どんな香り・味わいが良いか」を緻密に設計してつくりあげたもの。

それが感じられなくなってしまうのは、なんだかちょっと残念ですよね。

では、ビールの香りや味わいを最大限楽しむためには、何℃くらいで飲むのがいいのか?を次項から解説します。

「ラガービール」は6~8℃がおすすめ

ラガービールイメージ画像_フリー素材

日本で主に流通している「ラガービール(ピルスナーなど)」は、6~8℃が飲み頃温度。

ラガービールはスッキリとした味わいや、キレのある味わいが特徴。
それを最大限に堪能しながら、香りなども楽しめる飲み頃温度が6~8℃くらい、というわけです。

6~8℃は、冷蔵庫で良く冷やしたビールを常温のグラスに注いだ時の温度(季節によって変動はありますので、おおよその目安です)。
ラガービールを飲む時は直前まで冷蔵庫の中に入れておいた方が、美味しく飲めますよ!

冷凍庫でキンキンにするのは、おすすめしません

たまに「凍るギリギリくらいの温度まで冷凍庫に入れて冷やす」という楽しみ方をされている方もいらっしゃいますが、「ビールを美味しく味わう」という観点からいうと、おすすめしません。

これまでに解説した通り、ビールの味わいを感じづらくなるだけでなく、寒さが原因でビールが濁ってしまうこともあるからです(「寒冷混濁」といいます)。

ビールの色合いをチェックするブルワー(ビール職人)・もーりー
ビールの色をチェックするブルワー(ビール職人)

ビールの色合いに目を向けるのも、ビールの楽しみ方の大切な一つ。

冷やしすぎは、禁物です!

急いで冷やさなくてもすぐに美味しいビールが飲めるように、事前に冷蔵庫にビールをストックしておきましょう。

「エールビール」は8~13℃がおすすめ

様々な種類(ビアスタイル)があるエールビール

一方、クラフトビールなどに多い「エールビール※」は、8~13℃が飲み頃温度です。

(※よなよなの里のクラフトビールもすべてこの「エールビール」タイプのビールです)

エールビールはコクのある味わいや、ホップや酵母由来の香り(アロマ)が特徴。


この「香り」の成分は、冷えているビールが徐々に温まっていくのにつれて揮発するため、「キンキン」よりも少々ぬるめの、8~13℃くらいで飲むのがベストというわけです。

(少々ぬるめ、といっても十分に「冷たい」と感じる温度ですよ!)

8~13℃は、冷蔵庫から良く冷やしたビールを取り出したら、3~4分ほど室温で放置し、それから常温のグラスに注いだ時の温度(季節によって変動はありますので、おおよその目安です)。

エールビールをより美味しく飲むためのコツは「ビールをすぐ飲みたい!」とはやる気持ちをグッとこらえた先にあるのです……!!

ぜひ試してみてくださいね。

例)「よなよなエール」の飲み頃温度は「13℃」!

よなよなエールの香りが花開くのは13℃

例えば、よなよなの里のフラッグシップである「よなよなエール」の飲み頃温度は13℃

アロマホップ「カスケード」から引き出した、グレープフルーツやレモンを思わせる香りが最も花開くのが13℃なのです。

よかったらぜひ、13℃のよなよなエールをご自宅で体験してみてくださいね!

ビールの「飲み頃温度」気にして飲んでみて下さいね

今回の記事ではビールの「飲み頃温度」について解説しました。

ラガービールの飲み頃温度は「6~8℃」
エールビールの飲み頃温度は「8~13℃」

ビールにはそれぞれ一番美味しく飲める飲み頃温度があります。

どの温度が一番美味しいと感じるかはもちろん個人差があると思います。

今この記事をご覧になっている方も、ぜひご自身にとって「丁度いい」飲み頃温度を探しながら、ビールを飲んでみてくださいね。

それではまたー!

(おわり)

この記事を書いた人
いっくん

サウナと水風呂と外遊びが好きな「よなよなアウトドア部」部長です。

この人の記事をもっと見る
1つ星3