【よなよなエール for ALS】寄付のお礼とご報告 | よなよなエール公式通販 - よなよなの里  

ニュース&トピックス

【よなよなエール for ALS】寄付のお礼とご報告2018.09.20

セリカ基金報告

よな里のムッタこと「こんどぅー」です。
よなよなの里では6月、宇宙兄弟ALSプロジェクト「せりか基金」とコラボして、
「よなよなエール for ALS」特別セットを販売しました!

難病ALSの治療方法を見つけたい、
という「せりか基金」の活動によなよなの里が共感して始まった本企画ですが、
皆様にたくさんのご支援をいただき、この度、本企画を成功させることができました!
よなよなの里のスタッフ一同、深く感謝しております!

今回「特別セット」1セットあたり500円と、
「父の日ギフト」1セットあたり10円を「せりか基金」へ寄付させていただきました。

その結果!
皆様のおかげで436,650円を寄付させていただくことができました!
(パチパチパチパチ!)

本企画へのご支援・ご協力、本当にありがとうございました!

また、本企画以外にも公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」にて、
限定ビール「Works Ale #008」を1パイント飲むごとに
1ドルを米ALS支援団体に寄付させていただく、
チャリティー活動「Ales for ALS(エールズフォーエーエルエス)」にも参加しました。

これからも、よなよなの里はALS支援の取り組みを続けて参ります。
皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

※「ALS」とは(「せりか基金」Webサイトより抜粋)
ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、難病として指定されている、
運動神経系が少しずつ障害をうけて使えなくなっていく病気です。
手、足、呼吸器に至るまで次第に自分の意思で動いていた体が
言うことをきかなくなってきます。日本には約9000人の患者がいます。
謎が多く、治療法も、まだ見つかっていません。

※「せりか基金」とは
宇宙兄弟ALSプロジェクト「せりか基金」は、
ALSの治療方法を見つけるための研究開発費をあつめる活動です。
「せりか基金」という名前は、人気漫画「宇宙兄弟」の作中で
難病ALSの研究をしているキャラクター「せりか」にちなんで名付けられました。

体の感覚が保たれたまま意志を伝えることができなくなる恐怖、
自分の命の意味と闘うALS患者の方の、希望を叶える支援をしたい。
「せりか基金」はそんな想いから立ち上がった基金です。

集めた資金は諸経費をのぞき、「せりか基金賞」にて選考したALS研究者へ治療研究資金としてお渡ししています。
詳細はこちらから。



ただいまのおすすめ商品

メールでお問い合わせ



このページのトップへ戻る