【お父さんレンタルレポート】奥さんに怒られないようにする方法とは?~ろくもんお父さん編~ | よなよなエール公式通販 - よなよなの里  
父の日 もりあげ隊 2019

【お父さんレンタルレポート】奥さんに怒られないようにする方法とは?~ろくもんお父さん編~

こんどぅー

こんにちは!お父さんレンタルの企画者「こんどぅー」です。なんと今回のテーマは「奥さんに怒られないようにする方法」なんです!気になる人も多いのではないでしょうか?(笑)
レポート第3弾をお届けします!

気になる!お父さんへのご依頼内容は?


今回レンタルされるお父さんは「ろくもん」(写真右)。

ろくもんは社内でも毎日のように皆を笑わせてくれ、採用担当として人を見る目もヤッホー随一!のお父さんなのです。

そんな「ろくもん」に寄せられたご依頼内容がコチラ!

嫁に怒られないためのパパとしてのノウハウを共有してください!あと、ヤッホーのビールを最近よく飲むのでビールの良さも色々教えてください!”

奥さまに怒られないためのノウハウ・・・。

「ろくもん、奥さんに怒られないためのノウハウを知りたいっていうご依頼が来ているんですが、ろくもんはそういうノウハウありますか?」

と聞いたところ、

「それなら私に任せてください!ノウハウならばっちりです!」
とのことだったので、今回のレンタルをお受けすることにしました。
(お父さん、守備範囲広いな・・・。すごいっ!)

・・・これは気になるお父さんも多いのでは?

世のお父さんたち、必見ですよ!!!

がっちりと握手


今回のご依頼者は、えつぴーさん (36)(奥左)。
会社の後輩のしょうちゃん(29)(奥右)と一緒にレンタルしてくれました。
二人ともスーツがお似合いで爽やかな印象です。
奥さんに怒られそうな感じは全くありません。


今回の会場となる「YONA YONA BEER WORKS 赤坂店」の前でがっちりと握手!
まだお酒も入ってないのに、なぜか既に友情めいたものを感じます。

全ては奥さまに怒られないようにするために・・・。

思わず、握手の手にも力が入ります。

乾杯っ!

本日の乾杯ビールは、「父の日限定醸造アンバーエール」!

いつもお父さんありがとう!乾杯っ!
良い笑顔ですねぇ~。

あまりクラフトビールを飲んだことがなかったしょうちゃん(左)も「美味い!」と一言。
思わず嬉しくなったろくもんが握手を求めます(笑)

「奥さまに怒られないようにする方法」を知りたい、と言うえつぴーさんですが、今は2児のお父さんで、奥さまのお腹には3人目のお子さんがいらっしゃるとのこと。
ろくもんとは、お互いの年齢も近く、上のお子さんの年齢もほぼ同じ。

「僕らはほぼ『同一人物ですね!』」と大盛り上がり!

一方、えつぴーさんの後輩のしょうちゃんは、結婚したばかりの新婚さん。

「今が幸せすぎて怖い」というしょうちゃんですが、
お子さんが産まれたあとの夫婦関係がどうなるのか、興味があるそうです。

いよいよレクチャーはじまり、はじまり~!


ここで、おもむろにPCを取り出すろくもん。


まさかのパワーポイント資料!?

いよいよ、「奥さまに怒られないためのノウハウ共有」がはじまります!


ろくもんの話に聞き入る二人。

なぜ、妻は怒るのか?

まず、ろくもんからお二人に質問が。

「なぜ、妻は怒るのか?」

なんだか哲学的な問いですね~。

しょうちゃんは、「まだ怒られたことないんですよね。喧嘩したこともないです」と一言。
「いいなぁ~。」と全員が羨望の眼差しを向けています。

一方のえつぴーさんは苦笑しながら、

「多分ですけど、『私(奥さま)は自由な時間が少ないのに、あんたは夜遅くまで飲んで帰ってくるなんて…!』っていう不平等感ですかね」。

なんと、奥さまとは同じ会社に勤めているため、お互いの残業時間を把握できるんだとのこと!

たしかに夫婦の間の「不平等感」で怒りが生まれることはありそうですね。

そもそも家族とは?


続いての質問は、「そもそも家族とは?」

なんで結婚したのか?
そもそも夫婦関係になる必要があったのか?

・・・なかなか考えさせられるテーマですね。

えつぴーさんに奥様と結婚するまでの経緯を聞いてみると、

「もちろん彼女のことが好きだったとか、子供が欲しかったというのもあるんですけど、最終的には奥さんに押し切られた感じですかね(笑)
すごくグイグイと自分を引っ張ってくれる彼女なので、この彼女とだったら上手くやっていけるのでは、と思って結婚したって感じです。
幸せの船に乗ったというか。もう、時速1万ノットの船に乗った気持ちですよね!」

えつぴーさんの奥様すごい…!(笑)

そういえばですね、ヤッホーブルーイングにはこんな価値観があるんですよ!
と、ここで、ろくもんがヤッホーブルーイングの価値観について説明します。


「顧客は友人、社員は家族

「ここでいう『家族』って、『機能的』な家族のことなんですよね。
じゃあ、その『家族』ってつまりどういうことなのかを考えたいと思います!」

(ざわざわ・・・)
ろくもんが作ってきたスライドに一同驚愕。
正直、おちゃらけた資料だろうと思っていた僕も思わず声をあげます(笑)

「このお父さん、ガチだ・・・。(なんか引用までしてるし)」

企画者である僕も驚くプレゼンを続けるろくもん。
採用担当にとって「最繁忙期」の時期にこの資料を作るろくもんを見て、
「お父さんってすごいや。」と、心の中で呟く自分がいました。

ろくもんによると、家族には大きく分けて「子供の社会化」「大人のパーソナリティの安定化」があるみたいです。

子供の社会化って?


・つまり、子育て
・夫婦は、子育てをするチーム
・特別な理由がない限り、育児、家事の分担は同等であるべき

「夫婦はチームなんですよね。」と力説するろくもん。

「だから、『家事を手伝う』とかいう言葉ってNGなんですよ。だってそうですよね?手伝うっていうことは、夫婦の間に主従があるってことじゃないですか。夫婦の関係はイーブンであるべきですからね。」

・・・なるほど。確かに! 皆、うんうんと頷きます。

「ヤッホーブルーイングでは、チーム”ビール”ディングという企画もやりましたが、『チームビルディング』を大事にしているんですよ。その中で「アシスト力」というものが出てきます。これは、自分の仕事をやりきって、その上で他人の仕事を手伝うっていうことなんですよね。このアシスト力が夫婦の間でも大事になってきます。

ちなみにしょうちゃんによると、えつぴーさんはアシスト力高めらしいです。
えつぴーさん、後輩に慕われていますね~。

(出典)平成28年社会生活基本調査
https://www.stat.go.jp/data/shakai/2016/pdf/gaiyou2.pdf

そして、続いてろくもんが見せたのは、こちらのグラフ。
こちらは男女別で1日にどれぐらいの時間、家事をやっているかというグラフです。

これを見て分かる通り、男性は家事とか全然やってないですよね。
特に仕事のある平日は1分もやっていないこともザラにあるんじゃないでしょうか。

ろくもんの経験則によると、

「週の残業時間が10時間を超えてくると奥さまの怒りラインに達する」

とのことでした。

まずは早く帰ることが大事なんですね。皆さん、頑張って定時で帰れる夜を増やしましょう!
(定時退社協会のサイトはこちらから!)

でもえつぴーさん、早く帰るのが難しい代わりに、
「週末は、奥さんの代わりに3食とも料理を作るんです。」とのこと。

えぇ~!? 三食?それはすごい!と一同びっくり。

えつぴーさん、既にろくもんの言っていること、実践できていますね!

ただ、家事が大事なのは分かるけど、それでも家事って大変ですよね。
僕も自炊とかあまりしないので、その大変さは身に染みて分かります。

そんな人にろくもんがおススメするのが、「ビールを飲みながら」夕食を作ること。
ビールを飲みながらだと、楽しくなって夕食作りもはかどるそうです♪

ただ、たくさん飲んでしまうと、どうしても味付けが濃くなってしまい、結局奥さんに怒られる羽目になるので、飲みすぎはほどほどにということです!(笑)

自分の経験を元に話すろくもん。

それともう一つおススメなのが「ラジオ」
家事をしながらでも耳だけで楽しめるのがいいですよね。

実はろくもんはヤッホーブルーイングのラジオ部でもあるのです!
(ラジオ番組でリスナープレゼントとしてヤッホーのビールを採用していただいたことが縁で、ラジオに出たこともあるんです)

そんな生粋のラジオ好きのろくもんがおススメするラジオはこちら!

TBSラジオ 赤江珠緒たまむすび/アフター6ジャンクション /荻上チキ・Session-22 /東京ポッド許可局/土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送/ 安住紳一郎の日曜天国/文化系トークラジオLife
東京FM JFN系列 あ、安部礼司、Joint&Jam ~global dance traxx

ラジオNIKKEI 伊藤洋一のRound Up World Now!

今はradikoやポッドキャストでも聴けるので、是非お試しあれ!

大人のパーソナリティの安定化とは?

家族の2大機能の2つ目の説明です。


・つまり、精神的な回復を支援しあうこと(エンドルフィンとオキシトシン)
・最上の方法は、晩御飯をともにして、ビールを飲むこと
・そのためには、ビールが必要

夫婦にとって大事なのは「精神的な回復を支援しあうこと」なんですよね。

これには思わずしょうちゃんも、「めっちゃしっくりくる!(笑)」と頷いていました。

晩御飯を夫婦でともにして、一緒にビールを飲むなんて最高ですよね~!


「精神的な回復」の話題で盛り上がる3人。 

ちなみにろくもんが最近読んだ本によると、
幸福度を高めるには、「エンドルフィン」「オキシトシン」を高める必要があるんだとか。

付き合いたてのカップルなんかが幸せそうなのは「エンドルフィン」が出ているからで、これは結婚後3年ぐらいで消えてしまうそうです(個人差はあるそうです)。

そして、消えてしまう「エンドルフィン」に代わって大事になってくるのは「オキシトシン」で、こちらはスキンシップやプレゼントをあげることで分泌されるそうです。

ふむふむ。勉強になりますね…!


相手の話を聞くことは大事だと力説するろくもん

「エンドルフィンが切れてしまう結婚3年目以降は努力のフェーズ(!)になってきます。何よりもまず、相手の話を聞くということ。カウンセラーが良く使うテクニックなんですが、「受容、支持、繰り返しといったことを意識するといいですよ!よなよなエールを飲みながらお話を聞くのが最高ですね!」

受容・・・自分の価値観をいったん脇に置いて、相手の言っていることを受け入れる。
支持・・・それは大変だったね。辛かったね。というように、相手の言ったことに同調する。
繰り返し・・・相手の言ったことを繰り返す。

なるほどなぁ。
ちょっとしたコツを覚えれば、奥さまに怒られる回数も減るのかもしれませんね。

まとめ

今までの話をまとめると、こんな感じになります!
奥さまに怒られないようにするために、是非意識してみてください!


1.長時間労働をやめて早く帰る
2.妻と同等程度の時間数を目標として家事を行う
3.よなよなエールを飲んで妻と話をする

ろくもん自身、「僕もこの1週間出張ばかりで、家事とかろくにできていないんで、偉そうに言えないんですけどね。あはは。」とのことなので、実践するのは最初は難しいかもしれませんが、意識するかどうかでは雲泥の差!

残業で帰りが遅くなってしまっても、奥さまとよなよなエールを飲んで、お話を聞いてあげるだけでも、全然違うかもしれませんね。

最後に、レンタルしてくれたえつぴーさんにろくもんから、「お試し父の日セット」をプレゼント!


是非奥さまと一緒にビールを飲んで、たくさんオキシトシンを出してほしいですね!

えつぴーさんからは、「お父さんレンタル、思っていたよりすごくいい!もっとアピールすべきでしょ!(笑)」との嬉しいお言葉も!

もっとアピールすべきでした・・・(反省)


仕事のやりがいの話なども大盛り上がりでした。

「最初は少し緊張していた」というえつぴーさんも、最後はろくもんと肩を組んでとても楽しそう!奥さまに怒られないように頑張ってくださいね~!後輩のしょうちゃんも、いつまでもお幸せに!

お父さんレンタル<ろくもんお父さん編>いかがだったでしょうか?
このレポートを読んでくださったみなさまをのお役にも立てたなら嬉しいです。

このお父さんレンタルレポートは全4回でお送りします。
次回の<もっちーお父さん編>もどうぞお楽しみに!

(おわり)

▼他のレポートはこちらから!▼
お父さんとボードゲームをしよう!~ジュンジュンお父さん編~
美味しいコーヒーを淹れよう!~mocaお父さん編~
進路はどうやって決めるべき?~もっちーお父さん編~

\遅れてごめんね父の日ギフト/
▼6/23迄ご注文受付中!▼

この記事を書いた人
こんどぅー

こんどぅー
北海道生まれ→東京→長野在住。
趣味は青春18きっぷとビールを片手に電車でビール旅。
今年はシベリア鉄道乗りたいなーなんて考えてます。



メールでお問い合わせ

このページのトップへ戻る