【キャンプ以上のアミューズメント!?】よなよなビアワークス新虎通り店でアウトドア気分!

【キャンプ以上のアミューズメント!?】よなよなビアワークス新虎通り店でアウトドア気分!

アルフ

こんにちは、アルフです! 週末はキャンプ場でBBQにテント泊!なんていいですよね! でもでも、結局繁華街で過ごしちゃったなあ・・・というシティ派の皆さんに朗報です! どうやらよなよなビアワークス新虎通り店でアウトドア気分に浸れるらしい? 虎ノ門で??どういう事か調べてきました!

都会の喧騒に疲れた皆さん、こんばんは!
ストレス社会から離れて、大自然に囲まれて癒やされたい!
・・・と日々思っている方も多いかと思います。

でも、道具揃えたりキャンプ場までのアクセスだったり大変なんですよね~・・・。
しかーーし!諦めるのはまだ早いですよ!

よなよなビアワークス新虎通り店ではアウトドア気分が味わえると聞いて、支配人「でっぷ」と看板娘「カリメロ」に話を聞いてきました!

よなよなビアワークス新虎通り店アクセス

気になるアクセスから!

新橋駅から徒歩約5分の位置にある新虎COREビル2階に、よなよなビアワークス新虎通り店はあります。
実は2020年開通予定の日比谷線新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の予定地は目と鼻の先!
オリンピックに向けて大規模な開発が予定されている、今後ますます盛り上がること間違いなしのHOTなエリアです!

数年後には新虎エリアだけで一日買い物や公園などで過ごして、よなよなビアワークスで食事をするなんて楽しみ方もできるかも!?
今からワクワクですね!

今回は、新橋駅の銀座線8番出口から出てから、お店までの道のりを紹介します!

階段を登りきってすぐに左へ曲がり、マクドナルドを正面にまた左へと曲がります。

サラリーマンインタビューの聖地「SL広場」を横目に直進。
(ちなみにこの日は声をかけられませんでした・・・残念!)

▲JR新橋駅烏森口出てすぐの通りにぶつかります

サラリーマンのディズニーランド・ニュー新橋ビルを過ぎたら後ろ髪を引かれつつ右折。
そしてそのまましばらく直進します。

信号を1つ越え、更に直進します。
日比谷通りにぶつかる西新橋2丁目交差点で左折。

▲ででーん!!

そのまま少し歩くと、環二通りにぶつかる交差点の角に互い違いのデザインでカッコいいビルが!
こちらが目的地のよなよなビアワークス新虎通り店が入っている「新虎COREビル」です!

ちなみに、別角度から新虎COREビルを見てみると・・・

ビール好きには砂漠のオアシスに等しい「CRAFT BEER」の文字が!
新橋駅から頑張った甲斐があった・・・!

新虎通り店の楽しみ方①開放感のあるカジュアルモダンな“オシャレ山小屋”風インテリア

新虎通り店に着くと、真っ先に目に入るのが全面に木を使った内装です。



ログハウスのような木の温かい印象と、ランタンや木のカトラリーなどアウトドアを思わせる小物で全体のトーンが統一されています。
先程までのサラリーマン感あふれる町並みを通り抜けて、ここまで来たのが嘘のよう。ほっこり落ち着く空間が広がっています!

実は、よなよなビアワークス店舗の中でも、席と席との間が一番広く取られているんです。確かに席についてみると広々!
言われてみないとなかなか気付きませんが、細部まで「なーんか落ち着く・・・」と思わせる空間づくりが徹底されています。

新虎通り店の楽しみ方②肉食系必見!クラフトビールにぴったりな豪快アウトドア料理

料理ももちろんアウトドアを意識した料理が揃っています!
なかでも大人気なのが、アウトドアメーカー「スノーピーク(リンク)」のダッチオーブンで鶏を一匹まるごと使った「ダッチオーブンチキン」です!

ダッチオーブンチキンをお願いすると出てくるこの大きな鍋・・・!
そしてこの中に・・・

▲ゴゴゴゴゴゴ・・・!

▲ジャーーーーーン!

キタ~~~~~~~~!
見た目だけで、もうすでに美味しい!

アルフ:香草の香りがたまらないですね!蓋を開けただけで、美味しさがこのテーブル一帯に広がる!どんな味付けなんですか?

でっぷ:ダッチオーブンチキンに使用している”伊達鶏”本来の味を楽しんで頂きたいので、味付けはシンプルです。
ソミュール液(※)で一晩漬け込んだ後、ローズマリーとクレイジーソルトで下味をつけ、ダッチオーブンにブイヨンスープを入れて蒸し焼きにします。
ダッチオーブンのおかげで、必要以上に水分が飛ばずにふっくらと仕上がるんですよ!
では早速切りますね!

※主に燻製やシャルキュトリの仕込みに使う、調味料やハーブ、スパイスを溶かした塩水の事。味が浸透する他、肉が柔らかくなったり燻製の場合は保存しやすくなるなどのメリットがある。

今すぐ丸鶏にガブリとかぶりつきたい衝動を抑えつつ、丁寧にカットされる姿をジッと見つめます。

▲カットに慣れて関節をすぐに切り分けられるという特技を得たカリメロ

カリメロ:ここが胸で、ここが手羽先で・・・このちょろっとしたのがボンジリですよ。

アルフ:丸鶏だとどう食べたら良いか分かりませんが、こうしてカットしてもらって説明を聞くと、まるまるイケそうですね(笑)

馴染みのある形になりました!
ここはやっぱり、よなよなエールと合わせちゃいましょう!

アルフ合うーーーーー!香草の香りが勝ってしまうかな?と思いましたが、よなよなエールの柑橘のような香りと相性がいいですね。ビールの甘みがチキンの旨味を更に引き出していて、無限にこのラリーを続けられそうです・・・!

でっぷ:もちろん、よなよなエールに合うようにレシピを考えています。よなよなエールの甘みに合うように、下味の塩は沖縄のシママース(リンク)を使っているんですよ。

アルフ:塩までこだわりあるんですね・・・!
しょっぱさだけでなくまろやかさも感じられて、このダッチオーブンチキンの味わいとよなよなエールとのペアリングも納得です!

でっぷ:チキンの他にも、小さなダッチオーブンを使ったハッセルバックポテトやチーズフォンデュ、焼きカレーなどなど山小屋を感じさせる料理をたくさんご用意して待っています!

アルフ:キャンプに行かなくてもこんな料理が楽しめるなんて・・・!

そんな話をしている間に完食!!

よなよなビアワークス新虎通り店の楽しみ方③ビール談義に華が咲く!気さくなスタッフ

アルフ:ダッチオーブンチキンを食べたのは初めてではなかったのですが、でっぷの説明を聞いたら一層美味しく感じました!説明をする時にどんな事を意識していますか?

でっぷ:期待を超えるサービスをすることは常に意識しています。「公式ビアレストラン」を掲げているよなよなビアワークスならではの体験って何だろう?と思うと、タップマルシェ(リンク)やスーパーマーケットでよなよなエールやインドの青鬼が手に入りやすくなった今、他のどこで飲むよりも美味しいと思って頂けるサービスが重要だと思っています。

でっぷ:ビールの提供も、その日のビールのコンディションに合わせて、ガス圧やタップから注ぐスピードを変えて一番良いサービングが出来るよう試行錯誤しています。だから、テイスティングは常に真剣ですよ!

アルフ:プ、プロの鏡だ・・・。

でっぷの職人的な姿勢に圧倒されるばかりのアルフ。

でっぷ:そのおかげか、カウンターに集まる常連の方も徐々に増えてきて、今度15名の団体様がカウンターで予約して頂けました。

アルフ:え、カウンター15名!?端と端の人が話せないですよそれ!みんなでっぷに会いに来てるんでしょうね!

でっぷ:せっかく来てくれる方には喜んで頂けるようにサービスをしてあげたくなっちゃうから、気づいたら・・・(笑)でも、これだけの方が集まってくれたのは当然ですが僕だけでなく、チームの力だと思ってます。カリメロや料理長は若いのにものすごく活躍してくれていますよ。

アルフ:新虎店すごくいいチームですよね!

カリメロ:クラフトビール飲み会と称して、10名様ほどで新虎店を使っていただいたこともあります。ありがたいことに第二回、第三回と実施していただいてます。
クラフトビール初心者の方も、長年のファンの方も楽しんで頂けて嬉しいです。

新虎通り店の楽しみ方④ファンが集まるお店

過去に2回、新虎通り店を会場にビールのイベントを開いています。
クラフトザウルス襲来イベント、そしてワークスエールあけぼのインペリアルレッド(リンク)の開栓イベントです。

そんな過去のイベントのお料理を少しだけご紹介!
クラフトザウルス襲来イベントの時のお料理がとっても素敵だったので紹介させて下さい!

まずは・・・

恐竜の卵(風燻製玉子)!

そして・・・

マンガ肉(風ローストポーク)!!
写真はクラフトザウルス襲来イベントのお料理です。
他にも紹介しきれないくらい楽しい料理だらけでした!

いづれも画力強い!
これには当然、歓声が上がりました。(もちろん、僕もその1人でした。)

これだけの料理を用意してイベントを盛り上げてくれるのも、「期待を超えた体験」を目指すでっぷならではの演出です。
こうしたイベントのタイミングは特に分かりやすいですね!
次回のイベント情報もしっかりお知らせしますのでお楽しみに!

最後に

いかがでしょうか?
もし少しでも楽しさが伝われば嬉しいです!

・・・が、もちろんこれが全てではありません。
本当の楽しさは是非行って体験してみてくださいね!

店舗情報

〒105-0004 東京都港区新橋4丁目1−1 新虎通りCORE 2F
新虎通り店 予約

この記事を書いた人
アルフ

湘南育ちの丘サーファー。筋肉痛と立ち食いそば屋が好きです。 悪そうな奴は大体友達の友達。

この人の記事をもっと見る
1つ星
4