ビールに合う大人スイーツ「和風ガトーショコラ」

ビールに合う大人スイーツ「和風ガトーショコラ」

なおG

こんばんは、ブルワー(醸造家)の「なおG」です。人生の折り目や、節目のお祝いなどハレの日専用のビールとして生まれたハレの日仙人。今回は、そんな日にゆったり味わいたくなる「ハレの日仙人」に合うスイーツをご紹介します!

この料理に合うビール
ハレの日仙人2018 詳細はこちら
調理時間 1時間

「ハレの日仙人」はワインやブランデーを思わせるような、ふくよかな甘みとデリケートな苦みをもつハイアルコールビールです。今回はそんなビールの甘みを活かしてスイーツでペアリング。ガトーショコラに和風アレンジを加え、上品なスイーツに仕上げました。

調理に使用したココットは、STAUB製の「ピコ・ココットラウンド10cm」。オーブンを使わずとも簡単なお菓子作りができるすぐれものです!

材料(2人分)

生地
ミルクチョコレート(製菓用):40g
無塩バター:20g
卵黄:1個分
洋酒(お好みで。今回はブランデー):5ml
粒あん:20g
卵白:1個分
グラニュー糖:5g
薄力粉:20g
トッピング
きなこ:適量
粉砂糖:適量
ドライフルーツ:お好み
ナッツ:お好み

つくりかた

1. バターとチョコレートを溶かす

pic_05

常温に戻したバターとチョコレートをボウルに入れて、60℃のお湯で湯煎して溶かし、混ぜ合わせる。さらに卵黄、粒あん、洋酒を加えて混ぜ合わせる。

2. メレンゲを作る

pic_05

卵白にグラニュー糖を加えてメレンゲをつくる。泡だて器(ハンドミキサー)を持ちあげるとゆるく角が立つくらいまで泡立てる。

3. 生地を混ぜ合わせる

pic_05

(1)に(2)のメレンゲの1/3量を加えて軽く混ぜたあと、薄力粉をふるいながら入れ、泡を消さないようにさっくりと混ぜる。混ざったら残りのメレンゲを加え、底からすくうようにして再びさっくり混ぜ合わせる。

4. 焼く

pic_06

弱火で温めたココットの鍋底と側面に、バター(分量外)を薄く塗る。(3)を流しいれ、蓋をして弱火で10分加熱し、火を止めて5分置く。

5トッピング

pic_06

トッピングにきなこ、粉砂糖、ドライフルーツ、ナッツなどをお好みで散らして完成。冷蔵庫で冷やしてから食べるもよし、そのまますぐに食べるもよし!

ペアリングのワンポイント

素材本来の「優しい甘み」で、ハレの日仙人の熟成香を引き立てる。

なおG

「ハレの日仙人」のビアスタイルはバーレイワイン。直訳すると「大麦のワイン」。ワインのように熟成期間が長いため、豊かな熟成香をお楽しみいただけるビールです。今回はこのビールが持つふくよかな甘みを活かすべく、スイーツを合わせてみました。
「ハレの日仙人」はレーズンやチョコレートのような香りが感じられるビール。そのため、洋酒を効かせたガトーショコラをベースにしています。ただ、甘みが強すぎるとビールの風味を消してしまうので、粒あんやドライフルーツを使って「やさしい甘み」をつけました。
休日の晩ごはんの後に、ちびちび楽しんでみてください!

試食担当コメント

スタッフ・ふじこ

ハレの日仙人の良さがよりグッと出てる…!
ペアリングは、「ビールの特徴と似た味わい」にするのが大事なんですね!ハレの日仙人は、一般的なビールのおつまみである唐揚げや餃子とは合わないよな~とモヤモヤしていたのでスッキリ!このガトーショコラは、甘すぎず和風なので怖いくらい食べられちゃいます。なんといってもチョコの中にひっそりいる、粒あんの優しい甘味がGOOD!

この記事に出てくる商品
ハレの日仙人2018 詳細はこちら
この記事を書いた人
なおG

料理に情熱を燃やすブルワー(醸造家)。 クラフトビールを知り尽くしており、最高のペアリングを研究中。

この人の記事をもっと見る
1つ星2