軽井沢「AU DEPART」で燻製料理とビールのペアリングを楽しむ。

軽井沢「AU DEPART」で燻製料理とビールのペアリングを楽しむ。

いっくん

こんばんは、よなよな編集部のいっくんです。 そろそろ夏の連休の予定を決めるという方! よなよなエールの故郷・軽井沢に行ってみるのはいかがでしょうか。

ヤッホーブルーイングのクラフトビールが飲めるお店を紹介する企画「よなよな飲める店」。
今回は軽井沢駅を出てすぐのところにある「AU DEPART(オーデパール)」をご紹介します!

軽井沢の玄関口に佇む「AU DEPART」

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」信州産の食材やワインが味わえる、カジュアルな飲食店。

フランス語で「出発進行!」とか「出発点」といった意味の「AU DEPART(オーデパール)」は、軽井沢駅北口から歩いてすぐのところにあります。

もともとは「信州産ワインの発信拠点」というコンセプトでスタートしたお店でしたが、現在は「名実ともに軽井沢の玄関口にあるんだから、軽井沢の地のものなども積極的に提供していこう!」という思いから、ワインの発信のみならず地産地消にも力を入れているそうです。

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」入り口
店頭には「NAGANO WINE PORTAL SITE」の文字が。現在も多くの信州産ワインを取り扱っている。
軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」の店内
昨年度改装し、広くなったという店内。日光が上から差し込む設計になっていて、店内は穏やかな雰囲気。

軽井沢という場所柄、結婚式の2次会やパーティなどで利用される方も多いそうで、たくさんの人が店内に入れるよう、スタンディングの席を多く配置しています。

内装のこだわりは、カジュアルでオープンな雰囲気。女性が一人でも立ち寄りやすいような空間を目指したそうです。新幹線の待ち時間にちょっと一杯…という使い方をされるお客さんが多いそうです。

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」の内装。点字ブロックに遊び心が。
もともと駅のホームだった場所を改装して作った店内の床には点字ブロックが。遊び心を感じる内装。

「共感しているから、ヤッホーのビールはどれも美味しく感じてしまう」

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」代表の太田さん。

AU DEPART(以下、オーデパール)の運営会社は軽井沢でライジングフィールド軽井沢というキャンプ場も運営しています。現オーデパール代表の太田さんも、その立ち上げに関わったメンバーの一人。

もともとは建設関連の仕事をしていたそうで、海外出張で行ったオーストラリアでクラフトビール文化に触れたのが、クラフトビールを好きになったきっかけだといいます。その後、神奈川で立ち飲み形式の居酒屋を4年ほど運営し、今の会社にやってきたのだそう。

「キャンプ場の建設に必要な重機の運転が出来て、お酒の知識もあって、アウトドアが好き…そんな自分にはちょうどいいなと思って(太田さん)」

ヤッホーブルーイングのビールの中では、インドの青鬼が一番好きなビールだとのこと。
「ライジングフィールドに青鬼の樽が入っていたので、そこで飲んだのが初めて。そこで「苦味は強いけど、強烈に美味しいな」と思って(太田さん)」

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」ではヤッホーブルーイングのクラフトビールが楽しめます

店舗で扱っているのはよなよなエールと軽井沢高原ビール季節限定の2種類。※

「季節限定は、その季節ならでは…というところが気に入ってます。お客様にも人気ですね。よなよなエールは、味はもちろんのことブランド力が凄いなあと思って、魅力に感じています。ヤッホーブルーイングの「普通じゃないことをやっていく」という姿勢が良いなと思っているので、ヤッホーのビールはどれも美味しく感じてしまいますね(太田さん)」

太田さんはヤッホーブルーイング公式ビアレストラン「よなよな BEER WORKS」や、ファンイベント「超宴」にも足を運んだことがあり、そういったヤッホーの取り組みに共感してくれているそう(ありがとうございます!)。

※…取材当時のラインナップ。2019年6月現在は「軽井沢ビール クラフトザウルス」シリーズの「ペールエール」と「ブラックIPA」2種類を扱ってくださってます。

特製の燻製料理はビールとの相性ばっちり!

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」特製の燻製料理が人気です!

そんな太田さんの経験を活かして作っているのが、特製の燻製料理!※

「キャンプ場の運営しているのでノウハウもあったし、自分もそういうのやりたいなと思って。厨房で燻製しているから、仕込みの時間はかなり煙いですが(笑)(太田さん)」

特に手間をかけているのが、燻製ローストビーフ!焼き目を付けてから真空パックし、スチームオーブンで1~2時間かけてじっくり低温調理した牛肉を燻製するという、手間暇をかけた逸品。

いっくんもいただきましたが、しっとりとしたお肉にスモーキーさが程よく加わって、超!美味しかったです。

よなよなエールとの相性もばっちりなので、オーデパールにお越しの際は注文をお忘れなく!
※BARタイムのみ提供。詳しくは下記店舗情報をご確認ください。

さいごに

カジュアルな雰囲気で気軽に立ち寄れるオーデパール。今まで伺ったことに加えて、太田さんにはもう一つこだわりがあるそう。

「地元の人が気軽に集まれるような場所にしたかったので、いわゆる「観光地価格」にはせず、リーズナブルに楽しんでいただけるようにしているんです(太田さん)」

実際に、店舗に訪れるのは約半数が地元の方だそう。夜は近隣の飲食店やショッピングモールで働いていた人たちが疲れを癒す憩いの場になっているのだとか。

皆さんも軽井沢にお越しの際は、オーデパールで楽しい夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はこの辺で。
Cheers!

紹介したお店:AU DEPART(オーデパール)

軽井沢「AU DEPART(オーデパール)」店内

AU DEPART(オーデパール)
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1178
軽井沢駅(JR東日本・しなの鉄道)北口1階 タクシー乗り場前

TEL.0267-31-6233
※営業時間、定休日については店舗にお問い合わせください。

この記事を書いた人
いっくん

サウナと水風呂と外遊びが好きな「よなよなアウトドア部」部長です。

この人の記事をもっと見る
1つ星1