アメリカのパブの定番おつまみ「フライドピクルス」

アメリカのパブの定番おつまみ「フライドピクルス」

こんばんは! 「よなよなエール」などのクラフトビールをつくっているビールメーカー・ヤッホーブルーイングのスタッフ「いっくん」です。

本日は、アメリカで愛されているおつまみ「フライドピクルス」のレシピをご紹介します。

どなたも一度は食べたことのあるきゅうりのピクルスに、衣をつけて揚げるおつまみです。これが意外においしくて、食べだすとクセになる味なんですよ。

酸味のあるお漬物を揚げる料理って、実は日本にもあるんです。関西でよくある「紅しょうがの天ぷら」がそれ(私は初めてフライドピクルスを食べたときに、真っ先に「紅しょうがの天ぷらに近いかも!」と感じました)。なので人によっては馴染み深い味だと感じるかもしれません。

作り方も非常にシンプルなので、ぜひ一度作ってみてくださいね。ついつい余りがちなピクルスの大量消費にもおすすめです!

調理時間 10分

フライドピクルスの材料(1人分)

ピクルス:好きなだけ
薄力粉:1/2カップ
卵:1個
水:約30ml(ビールでもOK)
パン粉:1カップ
油:適量

つくりかた

1.材料をのせて焼く

薄力粉と卵、水(またはビール)を、なめらかになるまで混ぜ合わせてタネをつくる。
ピクルスをバッター液につけたあと、パン粉にくぐらせる。

1.材料をのせて焼く

170℃に熱した油で揚げ焼きに
して、塩少々を振りかけて完成。お好みでソースなどをつけて召し上がれ。

つくりかたのワンポイント

ピクルス自体は生で食べられるものなので、あまりしっかり揚げなくてOK。

時間をかけずにサッと揚げ焼きにすると、こりこりした食感も楽しめるのでおすすめです。

ペアリングのポイント

衣の香ばしさや、ピクルスの持っている甘みや酸味が、淡い色のビールにぴったりです。私たちのビールだったら「サンサンオーガニック」や「水曜日のネコ」、「僕ビール君ビール」などにあわせるのがおすすめ。黒ビールなどにあわせると、フライドピクルスの味わいが負けてしまうのでご注意を。

レシピに使用した材料

コルニッション ピクルス

この記事に出てくる商品
サンサンオーガニックビール
サンサンオーガニックビール 詳細はこちら
この記事を書いた人