「ラム・ファヒータ」!IPAにあわせたい、ラム×スパイスのキャンプ飯。 | よなよなエール公式ウェブサイト「よなよなの里」
「ラム・ファヒータ」!IPAにあわせたい、ラム×スパイスのキャンプ飯。

「ラム・ファヒータ」!IPAにあわせたい、ラム×スパイスのキャンプ飯。

いっくん

お肉料理と相性の良いIPAを、もっとおいしく飲めるかも!?「ラム・ファヒータ」のレシピをご紹介します。

この料理に合うビール
インドの青鬼 詳細はこちら
調理時間 15分

「IPA」のおともには、スパイスの効いたジューシーなお肉料理が鉄板!
今回紹介する「ファヒータ」はメキシコ風の肉料理。スパイスの風味がたまらんやつです。
牛肉でつくるのが一般的ですが、今回は味わいが強めのIPAに負けない「ラム」を使ってつくります。

材料(2人分)

ラムチョップ:4本
パプリカ赤・黄:各2分の1ずつ
玉ねぎ:2分の1
チリパウダー:小さじ1
クミンパウダー:小さじ1
パプリカパウダー:小さじ1
オレガノ:小さじ1
塩:少々
オリーブオイル:大さじ2
にんにく(チューブで可):小さじ1

つくりかた

1. 下ごしらえ

ラム・ファヒータの下ごしらえ

パプリカを一口大にカットし、すべての材料を袋に入れて揉みこみ、30分程度寝かせる(自宅で仕込んでおくと楽です)。

2. 焼く

ラム・ファヒータを焼く

スキレットやフライパンを熱して具材を焼く。ラムの両面をしっかり目に焼いて、中まで火が通ったら出来上がり。

ペアリングのワンポイント

力強いラム肉とスパイスが、IPAのおいしさを引き立てる!

いっくん

IPAは、ホップの苦みと香りが特徴のビール。淡白な味わいの料理だと、ビールの風味が強すぎて合わない……なんてことがあります。
それも今回のように「ラム」や「スパイス」を使った料理であれば心配ご無用!お肉とスパイスの風味も楽しみながら、ビールの味わいを存分に楽しめますよ。

試食担当コメント

シャオリン

肉肉しいラムチョップとスパイスの風味に負けないインドの青鬼(IPA)、たまらないですね!ガブリとラムチョップを食べた後にインドの青鬼を飲んで、スパイスとホップの余韻をかみしめたい……そんな味わいでした。次のバーベキューはラム・ファヒータ、作ってみよう!

この記事に出てくる商品
インドの青鬼 詳細はこちら
この記事を書いた人
いっくん

よなよな編集部所属のよなよなスタッフ。どんなに忙しくても、週一のサウナと月一のキャンプを欠かさない。

この人の記事をもっと見る
1つ星3