日本人たるもの出汁で勝負!ビールに合わせたい「あさりと三つ葉の和風あんかけ」

日本人たるもの出汁で勝負!ビールに合わせたい「あさりと三つ葉の和風あんかけ」

いっくん

こんばんは、いっくんです。 最近「旬の食材」を食べるのにハマっています。

この料理に合うビール
前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール ~あら塩仕立て~ 詳細はこちら
調理時間 10分

「前略ゆず塩」は、ゆずの柑橘香と絶妙な塩分濃度が特徴のビール。
春が旬の「あさり」と「三つ葉」を使って、「前略ゆず塩」にあう、うまみたっぷりのちょいめしをつくります!

砂抜きが面倒な方は、剥き身のあさりを使うと楽ちんですよ。

材料(2人分)

あさり(剥き身でOK):2パック
三つ葉:2把
酒:150ml
塩:ふたつまみ
ほんだし(だしの素):小さじ1
片栗粉:大さじ1
水:適量
薬味ネギ:お好みで

つくりかた

1. 蒸し焼きにする

砂抜きしたあさりを水でザッと洗う。フライパンにあさりと酒を入れ、蓋をして中火で蒸し焼きにする。

あさりが開いてきたら塩・ほんだしを入れて味付けをする。

食べやすい大きさに切った三つ葉を入れる。クタっとしてきたら火を止め、水溶き片栗粉を回しいれ、とろみをつける。

2. 完成

皿に盛り、お好みで薬味ねぎをふりかけて完成!

ペアリングのワンポイント

出汁やうまみの効いた「和食」つながりで合わせる

いっくん

前略ゆず塩は和食にインスピレーションをうけてできたビール。出汁やうま味の効いた和食と相性が良いんです。

なかでも、貝類のもつうま味成分「コハク酸」はビールにも含まれる成分でペアリングするにはぴったりの食材なんですよね。今回はそこに三つ葉も入れて、ゆず塩にぴったりな「爽やかさ」もプラスしてみました。「前略ゆず塩」には程よい塩味がついているので、料理の味付けは控えめが◎です。

この記事に出てくる商品
前略 好みなんて聞いてないぜSORRY 其ノ四 セッション柚子エール ~あら塩仕立て~ 詳細はこちら
この記事を書いた人
いっくん

サウナと水風呂と外遊びが好きな「よなよなアウトドア部」部長です。

この人の記事をもっと見る
1つ星2