「クラフトビールと本」のペアリングを探る【#本にあうビール】がはじまります

「クラフトビールと本」のペアリングを探る【#本にあうビール】がはじまります

ぎん

こんばんは、ぎんです。 本屋さんでの本との出会いって、運命。今日も「積読(つんどく)」がとまりません。

ビールをおいしくしてくれる、本を求めて

― 本。
それは、誰でも手にできる宇宙。

全国のクラフトビールファンのみなさん、こんばんは。
休日はできるだけ家から出たくない、ヤッホーブルーイング随一のインドア派。ぎんです。

みなさん、最近本読んでますか?

わたし、最近ビールを飲んだり、映画を見るのに忙しくて。
あんまり読書できてなかったんです。

最後に本を読んだの、いつだろう。

スマートフォンがひまつぶしの相棒になってから、本との距離が遠のいている、そんな人も多いのではないでしょうか。

でも、やっぱり本を読む時間って特別ですよね。
文字を追うスピードで、頭の中で展開していくストーリー、ゆっくり過ぎていく、自分だけの時間。

久しぶりにゆっくり読書したくなって、積読の中から本を選んでいたとき、ふと思ったんです。

「……あ……ビールを飲みながら読書したら最高なんじゃない?」

クラフトビールといっしょに読書。絶対最高じゃないですか。

思い返せば、ドキドキしながら初めて門をたたいた、あのビアパブ。
いつもカウンターでひとり、エールビールを飲みながら読書している素敵なおじさん。

わたしもいつか、あんなオトナで贅沢な時間をたしなむときがくるのだろうか、と憧れたものでした。

今だ!
わたしもいま! そのオトナの階段をのぼるときがきたのだ!

でも、ちょっと待って。ビールに合う本ってなんだろう。
せっかくだからちゃんと選びたいけど、むずかしいな……

誰か、心からビールと本を愛する人、
迷えるわたしに本を選んでくれる人はどこかにいないだろうか……

そんな知り合いいないしな……困った……

??「わたしにお任せあれ!」

ぎん:
ど、どなたですか・・?

永田さん
申し遅れました。わたくし、日本出版販売株式会社の永田です。

ぎん:
な、永田さん、こんにちは。日本出版販売株式会社・・?

永田さん
日本出版販売株式会社は、簡単にいうと出版社さんから本を仕入れて、全国の本屋さんに卸すという仕事をしています。実はわたし、インドの青鬼がとても好きで……。「本とクラフトビール」で何か面白いことができるんじゃないかと、ちょうど考えていたところなんです!

ぎん:
まさかのインドの青鬼好き・・・!
しかも、出版社と全国の本屋さんをつなぐ存在・・・ちょうどよかった!ビールにあう本を選んでくれそうな人、紹介してください!!

永田さん
お安い御用です! あんな人やこんな書店、あそこにはこんな面白い人がいるんですよ~!

ぎん:
うわ~~~い!

永田さんとの「本とクラフトビール談義」はとどまるところを知りません。わたしは談義に夢中になりながら、確信したのでした。


これは、絶対楽しい。

なにより、わたしがとても楽しい。やるしかない。

そんな勘と勢いで、この企画ははじまりました。

「#本にあうビール」はじまります

ということで、日本出版販売株式会社の永田さんという強力な助っ人を得て、まずは「ビールにあう本」を探しながら、「本とクラフトビール」の可能性を模索する旅のはじまりです。

この旅、本当にどこに辿り着くかわからない冒険なので(笑)、みなさんもぜひ、「ビールにあう本」を教えてくださいね。

他にも、「本とクラフトビールでこんなことにチャレンジしてみて欲しい!」や、「この人の話を聞きに行ったらヒントを貰えるんじゃないか?」などのアイディアも募集しています!

(よなよな編集部が、可能な限り全力でアポをとりますので。がんばります。)

一緒に「本とクラフトビール」の旅を楽しみましょう!

#本にあうビールで投稿してね

#よなよな文化部 #本にあうビール

のハッシュタグをつけてSNSで発信してくれたら、よなよな文化部がくまなくチェックします!あなたのアイディアが採用されるかも?!

次回! 「かもめブックス」の柳下さんに本を選んでもらっちゃいます!こうご期待~

人と本をつないでいく

「人と本をつないでいく。」をコンセプトに日本出版株式会社が「本」を使った様々な企画を行っている 「YOURS BOOK STORE」の詳細はこちら!

https://yoursbookstore.jp/

この記事を書いた人
ぎん

「よなよな文化部」部長、兼、会報誌「月刊月の生活」編集長。 実は理系出身。iPS細胞研究者の端くれだったという噂だが、気付けばヤッホーブルーイングに。

この人の記事をもっと見る
1つ星
9