クラフトビールに合う趣味を求めて!「よなよな文化部」はじまります

クラフトビールに合う趣味を求めて!「よなよな文化部」はじまります

ぎん

こんばんは、自称ヤッホーブルーイング随一の文化系「ぎん」です。 夜な夜なビールを飲みながら楽しめる趣味を探しています。

ルール無用!?「よなよな文化部」とは


クラフトビールに合う(文化的な)趣味を探し、実践する。

これが「よなよな文化部」の活動内容です。ほぼルールなし。クラフトビールがもっと美味しく感じる「(文化的な)趣味」を探す。それだけです。

なぜ、「よなよな文化部」を始めようかと思ったのか

それは、何を隠そう私自身が「クラフトビール」と「(文化的な)趣味」が最高に合うと信じてやまないからです。

私は映画鑑賞が大好きなのですが、今夜は映画を見るぞ!という日は冷蔵庫にクラフトビールを冷やしておきます。そして、映画のはじまりと共に「ぷしゅ」っとしてグラスに。
映画がおわるまでの約2時間、ソファに腰かけて少しずつビールを飲み進めていくのがお気に入りの過ごし方です。
映画が終わるころには2本以上飲んでしまっているため、かなり涙腺がゆるゆるで、いつもにも増して大号泣してしまうこともありますが、それもまた一興。

そんな大号泣の最中、ふと、

こんな隠れた趣味をお持ちの方が、私以外にもけっこういるのでは?

もっとクラフトビールと一緒に楽しめる趣味を、いろんな方と共有できたら最高なのでは?

まだ知らない素敵な世界が広がるかも・・・!!!

と思ったのが「よなよな文化部」発足のきっかけです。

クラフトビールと「趣味」が合う理由

時間を忘れて没頭してしまうような「趣味」になぜクラフトビールが合うのか。

それは、クラフトビールが「ゆっくり味わえるビール」だからです。
冷蔵庫から出してすぐ、少し時間がたった後、それぞれ違った美味しさを楽しむことができます。香りが特徴のクラフトビールは、時間経過とともにいろんな香りが楽しめるので、紅茶や珈琲のような楽しみ方ができるんです。

つまり、時間をかけて没頭する趣味の相棒にぴったり!!なのです!

もうひとつは、
こだわりの趣味を共有する時間がもっと楽しくなるから。
自分の趣味を気心知れた人と楽しむひと時。クラフトビールがあれば、いつもより会話がはずむこと間違いなし。

クラフトビールを好む方は、趣味にもきっとこだわりがあるはず・・・。
こだわり×こだわりで、もっとこだわりの時間を過ごせる!これに尽きます。

「よなよな文化部」の活動内容

ルール無用の「よなよな文化部」。
まずは、私の独断と偏見による「クラフトビールに合う(文化的な)趣味」をご紹介していきます。

え・・・?よくわかんない。「ぎん」が勝手にレコメンドするの・・?

と不安になられたあなた。大丈夫です!
さすがに素人の私だけでは心細いので、毎回その道の(クラフトビール好きな)専門家の方に登場していただき、ご教示いただきます。

そして、ビールの銘柄ごとにペアリングしたい作品の紹介もしていただく予定です。
登場していただく先生方はビール好きの方限定!実際に飲んでいただきながら、ペアリングを考えていただいています。

ビールと趣味のペアリング・・・果たしてうまくいくのか・・・!?こうご期待!

さらに、みなさまからの趣味テーマの募集も開始します!

このビールにはこの趣味がすごく合う!というエピソードをお持ちの方は、ぜひ、よなよな文化部に教えてくださいね。
こんな趣味はじめたいから教えて!という方もお送りください!お待ちしております。

※「よなよな文化部」は基本的にインドアでできる文化的な趣味を活動対象としています(ぎんがインドア派なため)。アウトドアな趣味は「よなよなアウトドア部」まで!

部員になるにはどうすればいい?

「よなよな文化部」の部員は今のところ3人(ぎん、ハジメチャン、ごろう)。3人だけだとテーマがすぐに枯渇してしまう!求む!新入部員!ということで、

「よなよな文化部」に参加したい!という奇特な方は、

①クラフトビールと趣味のいい感じの写真、もしくはエピソードを用意する
②ツイッターやインスタグラムに「#よなよな文化部」のハッシュタグを付けてアップする

これだけでもう「よなよな文化部員」です。
僭越ながら文化部メンバーからお返事をさせていただきます。ブロックしないでね。

また趣味テーマの提案なども随時受け付けております。
yonayonaale@yonasato.comまで!
メールの件名に【よなよな文化部】と入れていただけると嬉しいです。

いっしょに(文化的な)趣味、はじめてみませんか?
あなたのご参加お待ちしております!

「よなよな文化部」部員紹介

よなよな編集部所属。小さいころから文化系だが、なぜか理系の大学院まで進学。iPS細胞の研究をしていたはずが気づけばヤッホーブルーイングに。趣味は映画・音楽・芸術鑑賞。読書も好きだが積読が山のようになっている。休日は家から一歩も出ずに映画を見続けることもしばしば。
デザイナーの父と書道家の母のもとに生まれるも、本人は絵も字も下手。趣味は広く浅くがモットーで、音楽(ジャズ、80年代~90年代J-POP)、映画、アニメ、写真等が好き。ヤッホー入社前は10年以上コピーライターをやっていたという噂。
PatisserieYALE(経営企画)ユニット所属。横浜生まれ横浜育ち。ヤッホーブルーイングのサブカル担当兼ラジオパトロール部の部長。最近の悩みはヤッホースタッフに貸した漫画が帰って来ないことと、もはや誰に貸したか分からないこと。好きな超人はラーメンマン。

この記事を書いた人
ぎん

「よなよな文化部」部長、兼、会報誌「月刊月の生活」編集長。 実は理系出身。iPS細胞研究者の端くれだったという噂だが、気付けばヤッホーブルーイングに。

この人の記事をもっと見る
1つ星
0