ニュース&トピックス

【G’sキッチンvol.8】クラフトビールに合うこだわりレシピ
炭火でシークカバブ(「インドの青鬼」編)2017.12.06

完成-001b

 

ブルワー「なおG」のG’sキッチン
インドの青鬼に合うお料理レシピ大公開!

こんばんは、ブルワー(ビール職人)の「なおG」です。グアム旅行に行ってきました。なぜか日本人に現地人に間違えられ、英語で話しかけられました。なんとなく言い出しづらかったので英語でやりとりしました。

今回は「インドの青鬼」に合う料理を作っていきたいと思います!「インドの青鬼」と料理のマリアージュをお楽しみください。

 

今回のお料理は「炭火でシークカバブ」

今回は、中東では一般家庭でも作られる串焼き肉、「シークカバブ」と「インドの青鬼」のペアリングです。「インドの青鬼」は、特徴は、なんといってもホップの苦みと香り、それに負けないアルコールとボディです。そこに合わせる料理には、ホップに負けない香りと、苦味と釣り合う辛さが欲しいところです。口の中がスパイシーになった時に青鬼を流し込めば、青鬼の苦味と甘味がより引き立ちます。口に残ったスパイスとホップの香りは、料理もビールももう一口行きたくなること間違いなしです。

 

試食係のコメント

試食-001

◆ニックネーム「おじょー」(ブルワー)(写真上)
辛い!でも美味しい!!
辛い物ってたまに猛烈に食べたくなるじゃないですか。でも口が痛くなっちゃってそんなに食べられないじゃないですか。でもそこに「インドの青鬼」があることで口が痛くならないんですよ。毎口リセットされるので永遠に食べられるんですよ。青鬼を口に入れるといい感じにホップの苦みが辛味成分を引き連れて胃まで落ちてくれるんです。タレおいしい!これ何にでもかけたい!

 

 材料(2人分)

■シークカバブのタネ
●鶏ひき肉(または羊ひき肉)・・・・・400g
●紫玉ねぎ・・・・・半分
●にんにく・・・・・2かけ
●しょうが・・・・・2かけ
●クミンパウダー・・・・・小さじ1/2
●コリアンダーパウダー・・・・・小さじ1/2
●カルダモンパウダー・・・・・小さじ1/2
●ガラムマサラ・・・・・小さじ1/2
●パクチー・・・・・2株
●黒胡椒(あらびき)・・・・・少々
●青唐辛子(チリパウダーでも)・・・・・2本
●塩・・・・・小さじ1弱

■グリーンチャトニ
●スペアミント・・・・・お好みで
●パクチー・・・・・2株
●青唐辛子・・・・・1本
●にんにく・・・・・1かけ
●クミン・・・・・小さじ1/2
●カルダモン・・・・・小さじ1
●ヨーグルト・・・・・大さじ1
●塩・・・・・少々
●レモン汁・・・・・大さじ2

 

つくりかた

①タネをつくる

紫玉ねぎをみじん切りにする。

パクチーは細かく手でちぎっておく。にんにくとしょうがはすりおろし、青唐辛子はみじん切りにする。ボウルにタネの材料を混ぜ合わせ、粘りが出るまでしっかり混ぜる。混ざったら冷蔵庫で1時間ほど寝かせておく。

②グリーンチャトニをつくる

ミントとパクチーの芯の堅い部分を取り除く。青唐辛子をみじん切りにする。全ての材料をミキサー・すり鉢などでよく混ぜる。混ざりにくかったら少し水を足してもよい。

③成形して焼く

手にサラダ油(分量外)を塗り、BBQ用の櫛などにタネを巻く。太さが2-3cmで均一になるよう形成したら、BBQグリルや七輪などの炭火で焼く(トースターやオーブンでも)。

 

 

つくりかたのコツ

シークカバブアドバイス

①炭火は火力が強くて遠赤外線で外はこんがり中はふっくら焼ける上に、炭火の燻煙も食欲をそそります。
炭火がない場合はオーブンで焼いたり、グリルパンで焼き目を付けてもいいですね。

②串にタネを巻くときに、べちゃっとしてしまいやすいので、タネを混ぜる時に低い温度で粘りを出して、冷蔵庫で寝かせる。それでもべちゃっとしてるときは、小麦粉か片栗粉で少しつなぎを足してもOK。

 

G’s うんちく

「シークカバブ」より「シシカバブ」のほうが日本では耳馴染みがあると思いますが、「シシカバブ」はトルコ訛り(シシュケバブ)で、インドでは「シークカバブ(串焼きのケバブ)」と呼びます。「ケバブ」も焼いた肉料理の総称なので、串焼きの肉という意味です。中東では一般家庭でも作られる料理で、羊肉・山羊肉・鶏肉で造るのが一般的です。

「シークカバブ」の辛さは、「インドの青鬼」のホップの苦みを強調し、モルトの甘味を引き立てます。フレッシュな青唐辛子を使うことで、ホップの青々しい苦味を引き立てました。香りの部分は、様々な香辛料とチャトニのパクチーとミントを使うことでバランスを取りました。ぜひ「インドの青鬼」とのペアリングを楽しんでくださいね!

 

次回の予告

さて、G’sキッチンVol.9は「よなよなエール」に合う料理「白身魚のハーブ蒸し with ピコココットラウンド」
お楽しみに~♪

 

※このレシピは「よな里新聞」(よなよなの里 年間契約の特典)9月号に掲載のレシピです。

 

関連記事

メールでお問い合わせ

カテゴリー一覧

月別アーカイブ

年間契約

年間契約ご契約者様特設サイト

よなよなエール公式ビアバル

読み物

今週のこばなし

仮装アーカイブ

歴代フォトコンテスト



年間契約

このページのトップへ戻る