ニュース&トピックス

【G’sキッチンvol.4】クラフトビールに合うこだわりレシピ
俺んちの麻婆豆腐(「インドの青鬼」編)2017.09.06

 

ブルワー「なおG」のG’sキッチン
「インドの青鬼」に合うお料理レシピ大公開!

麻婆豆腐なおG切り抜き

こんばんは、ブルワー(ビール職人)の「なおG」です。中華鍋は16年育てています。一番付き合いの長い友達のようです。

今回は「インドの青鬼」に合う料理を作っていきたいと思います!「インドの青鬼」と料理のマリアージュをお楽しみください。

 

今回のお料理は「俺んちの麻婆豆腐」

IMG_2600.JPG のコピー_2

スパイシーさを強調した麻婆豆腐で、花椒の強い香りとしびれる辛さが、IPA(※)のアロマに負けません。そして肉の脂と香味油がIPAの苦み渋味を程よく抑え、爽快感がUP!!熱い、辛い、と叫びながらも手が止まらないペアリングです。ぜひ、作ってみてください!!

(※)IPAとは、インディア・ペールエールの略で、「インドの青鬼」のビアスタイル(種類)です。ホップを大量に使った苦みが特徴のスタイルです。

 

試食係のコメント

おじょー

◆ニックネーム「おじょー」(ブルワー)(写真上)
スパイスとホップの相乗効果にハマった!数種類のスパイスを組み合わせることで生まれるアロマが、インドの青鬼のホップの複雑さと相性抜群!まさにホップと香辛料の運命の出会いですね。両者のアロマが喧嘩しそうなのに、不思議なほど混ざり合ってる。
こんなに本格的な味なのに材料が全部スーパーで揃うなんて素晴らしい!!!いつもは食べる専門だけど、今度挑戦してみようかな・・・。

 

 材料(2人分)

●豆板醤(トウバンジャン)・・・・・大さじ2
●豆鼓醤(トウチジャン)・・・・・大さじ1
●にんにく・・・・・1かけ
●しょうが・・・・・1かけ
●醤油・・・・・小さじ1
●鶏ガラスープ・・・・・150ml
●木綿豆腐・・・・・1丁
●小ネギ(小口切り)・・・・・適量
●花椒・・・・・お好みで

■肉みそ
●豚ひき肉・・・・・150g
●醤油・・・・・小さじ2
●味噌・・・・・大さじ1
●塩コショウ・・・・・適量

■辣油
●唐辛子・・・・・5本
●にんにく・・・・・1かけ
●花椒・・・・・20粒程度
●サラダ油・・・・・大さじ3~4

 

つくりかた

①香味辣油を作る

IMG_2596_2

唐辛子・にんにくを粗みじん切りにして耐熱容器に入れる。中華鍋を熱し、サラダ油・花椒を加え、香りが出るまで弱火で炒める。花椒の香りが立って来たら、油ごと唐辛子の入った容器に入れ、そのまま常温で冷ます。

 

②肉みそを作る

IMG_2609_2

「①」の中華鍋にサラダ油を足し、ひき肉を炒める。油が透明になるまでしっかりと炒めたら、塩コショウ、醤油、味噌を加えて炒める。全体がよく混ざったら、バットに移しておく。

 

③麻婆のタレをつくる

IMG_2613_2

中華鍋にサラダ油を熱し、豆板醤・豆鼓醤・にんにく・しょうがを弱火で炒める。香りが立って来たら「②」の肉みそと醤油を加えさっと炒め、鳥ガラスープを入れて煮る。

 

IMG_2595_2

別の鍋で、塩ひとつまみを入れた湯に豆腐を入れ、豆腐が浮き上がるくらいまでゆでる。

 

③仕上げ

IMG_2619_2

「②」のタレに茹で上がった豆腐を加え、塩コショウ醤油で味を調え1~2分煮る。小ネギを加えて軽く混ぜ合わせたら、水溶き片栗粉でとろみをつける。最後に「①」の香味辣油を好みの量加え、強火で10秒くらい焼き付ける。皿に盛り付け、好みで花椒を振りかけて出来上がり。

 

つくりかたのコツ

麻婆豆腐アドバイス

①豆鼓醤の代わりに豆鼓を細かく刻んでもOK。

②麻婆豆腐の定番調味料「甜麺醤」を肉みそに使わないのは、甘くなりすぎるのを抑えるためです。あまり甘くしすぎるとホップ香を邪魔してしまいます。ふつうの合わせ味噌のほうが塩味と香辛料の香りが際立って、苦みによく合います。

③ひき肉はしっかり炒めると水分がしっかり抜けて味の含みもよく、香ばしい仕上がりになります。本場は豚じゃなくて牛肉を使うそうですが、お好みで。

 

G’s うんちく

Chef_G-004_2

IPAに合う定番の食べ物は、カレーに代表されるスパイスの香りが強い料理です。IPA自体が非常に強いホップの香りを持っているので、繊細な香りはIPAの前では無力です。今回はスパイスを使った中でも、(僕の好きな)中華料理、特に四川料理。

中華4大料理の中で最もスパイスを多用する四川料理は、「インドの青鬼」との相性もばっちり。
ただ辛いだけじゃなく、複数の辛さと発酵調味料の奥深さを味わえる麻婆豆腐で鬼退治に挑みます!

ちなみに四川では味は7つに分類されます。

●酸(酸味)
●辣(辛味)
●麻(しびれ)
●苦(苦味)
●甜(甘味)
●香(香り)
●鹹(塩味)

による複雑な味が美味しいとされています。
唐辛子と豆板醤は辣、花椒は麻・香、豆鼓は甜、など様々な調味料によりバランスが成り立ちます。

ちょっと面倒くさいですが、これらの調味料があると料理の幅が違うので、この機会にそろえてみてはいかがでしょう?

 

次回の予告

さて、G’sキッチンVol.5は「水曜日のネコ」に合う料理「あさりのネコ蒸し」
お楽しみに~♪

 

※このレシピは「よな里新聞」(よなよなの里 年間契約の特典)6月号に掲載のレシピです。

 

関連記事

メールでお問い合わせ

カテゴリー一覧

月別アーカイブ

モニター大募集!

年間契約ご契約者様特設サイト

よなよなエール公式ビアバル

読み物

今週のこばなし

仮装アーカイブ

歴代フォトコンテスト



このページのトップへ戻る