【G'sキッチンvol.1】クラフトビールに合うこだわりレシピハニーローストポーク~レモンバターソース~(「よなよなエール」編) | よなよなエール定期宅配 - よなよなの里
  • HOMEニュース&トピックス読み物【G’sキッチンvol.1】クラフトビールに合うこだわりレシピ
    ハニーローストポーク~レモンバターソース~(「よなよなエール」編)

ニュース&トピックス

【G’sキッチンvol.1】クラフトビールに合うこだわりレシピ
ハニーローストポーク~レモンバターソース~(「よなよなエール」編)2017.04.28

IMG_1781_2

 

ブルワー「なおG」のG’sキッチン
よなよなエールに合うお料理レシピ大公開!

IMG_1746_2

こんばんは、ブルワー(ビール職人)の「なおG」です。ブルワーになって2年目、まだまだブルワーとしては新米ですが、新米に見えないと言われています!実は僕、ビールも大好きなんですけど、同じくらい料理も大好きなんです!!

今回はよなよなエールに合う料理を作っていきたいと思います!よなよなエールと料理のマリアージュをお楽しみください。

 

今回のお料理は
ハニーローストポーク~レモンバターソース~

IMG_1743_2

 
脂の少ない部位(モモ)を使ったのと、レモンの酸味でよなよなエールの程よいコクや香りを邪魔することなく、脂の甘さとモルトのコク、レモンとホップの香りを合わせられたと思います。

ぜひ、作ってみてください!!

 

試食係のコメント

IMG_1785_2

◆ニックネーム「おじょー」(ブルワー)(写真上)
レモンの香りがよなよなエールの香りを惹きたてて、相乗効果がすごい!豚肉の肉汁の甘みとよなよなエールのモルトの甘みもすごく合うし。これはまさに「ペアリング」ですね・・・!肉焼いてレモンソースつけるだけでこんなに合うのか!(雑)なおG!次も楽しみにしてますね!もぐもぐもぐもぐ・・・

◆ニックネーム「るんるん」(品質管理)
レモンの香り、酸味でよなよなエールのカラメル・モルト感が引き立っていいね。

◆ニックネーム「はかせ」(生産計画)
ブロック肉が柔らかい。普段こんなの食べないですよ。

◆ニックネーム「ろくもん」(品質管理)
レモンの酸味でさっぱりしてるのでくどくない。

◆ニックネーム「あーすぃー」(ブルワー)
マスタードつけるとポーターにもいけそうな味。もうちょっと重いビールにも。

 

材料(4~5人分)

IMG_1711_2

●豚肉ブロック・・・・・500kg~1kg
A 塩・・・・・・・肉の重量の0.9%
A お好みのハーブ(ローズマリー、タイムなど)・・・・・・・適量
●はちみつ・・・・・・・適量
●お好みの野菜・・・・・・・適量
●バター・・・・・・・20g
●レモン・・・・・・・1個
●塩コショウ、マスタード・・・・・・・適量

 

つくりかた

IMG_1733_2

1.豚肉ブロックにフォークをぶすぶすと刺し、Aをまんべんなくまぶし、袋に入れて一晩以上寝かせる。

2.豚肉を取り出し、出てきた水分をよく拭き取る。はちみつを豚肉にまんべんなく塗り込み、30分以上常温に置く。野菜は少し大きめにカットする。

3.160度に余熱したオーブンで豚肉と野菜を45分焼き、裏返してさらに30分焼く。竹串を刺して肉汁が透明なら焼き上がり。

4.レモンの半分をスライスし、バターと肉汁を熱したフライパンで軽く焼き目を付ける。レモンを取り出し、残った油に残りのレモンを絞った果汁を加えて火を止めよく混ぜる。

5.豚肉を好みの大きさにカットし、野菜とソース、マスタードを添えて完成。

 

つくりかたのコツ

ワンポイントアドバイス3

①はちみつがしっかり肉の繊維にしみ込むように、下味の際のフォーク刺しはしっかりめに。

②塩は0.8%が人間が一番おいしく感じる濃度。ブロック肉はまんべんなく塩が回るまで数日は置いておくとGOOD。

③生はちみつ(非加熱)だとタンパク分解酵素があるのでより肉が柔らかくなります。

④野菜は何でもいいけどジャガイモはオーブンで焼くとホクホクしてうまいし、バター・肉と相性が良いのでおすすめ。芽キャベツはオシャレ要員!

⑤焼きあがったら必ずアルミホイルにくるんで休ませる。これしないと肉汁が逃げちゃう。ハーブ類はいろいろ変えてみてもいいかも。レモングラスなんかもいいと思います。

 

G’s うんちく

 
_MG_9595_2
 
本来ペールエールにローストポークを合わせると豚肉の脂が勝ち過ぎちゃうんですが 、脂の少ないモモ肉を使って、レモンでさっぱり食べれるようにするとちょうどよくなります。

ペアリング理論的にも
・豚肉の焼けた香りや焦がしバターの香り(メイラード反応)とカラメルモルトの香ばしさ
・レモン、ハーブ類の香りとCascadeのホップ香(シトラス、ハーバル)
・はちみつが焼けたカラメル香と、キャラメルモルトの甘い香り。また甘さも同程度だと○。
という香りの共通点があるので
よなよなエールのもつアロマ・フレーバーと調和してくれるはずです。

またはちみつは肉を柔らかくする効果があり、さらにちょっと低めの温度でじっくり火を通すことで 、脂はそんなに多くないけどパサつかない、やわらかジューシーに仕上がります。

モモ肉を肩orバラ肉にして、ハーブを多めにして、はちみつを無くせばインドの青鬼にも合いますよ!

 

次回の予告

さて、G’sキッチンVol.2は「前略 好みなんて聞いてないぜSORRY セッション柚子エール~あら塩仕立て~」に合う料理「鯛の昆布ポン〆~あら波仕立て~」お楽しみに~♪

 

※このレシピは「よな里新聞」(よなよなの里 年間契約の特典)3月号に掲載のレシピです。

 

ただ今のおすすめ商品



メールでお問い合わせ



このページのトップへ戻る