• HOMEエールビールの楽しみ方
<

もっと美味しく飲んでいただくためにエールビールの楽しみ方

普通のビールとは 飲み方がちょっと違います。

よなよなの里のビールは、全て「エールビール」。
一般的に飲まれている「ラガービール」とはまったく異なる種類のビールになります。

種類が異なれば、おいしい飲み方も異なるもの。
エールビールの魅力である、バラエティに富んだ香りや味わいを楽しむためには、ちょっとしたコツ(しかもとっても簡単!)があるんです。
エールビールの楽しみ方を知りたい方に向けて、おいしい飲み方や、プロが作るエールビールに合う料理をご紹介いたします。

エールビール

おいしく飲むための三カ条

エールビールは香りが命。 最も香りが引き立つ13℃で ぜひお召し上がりください。

其之一 香り引き立つ13℃で飲むべし

エール本来の香りが、最も引き出される温度は13℃※。
飲む前に少しだけ冷やすのがおすすめです。

良く冷えたキンキンのビールが5℃。
この状態ではエールの香りが立たないため、おいしさは半減してしまいます。
ちょっと手間はかかりますが、ここはひとつ騙されたと思って、
おすすめの温度をお試しください。
エールビールの香りの広がり方が全く違いますよ!

エールビールに合った飲み方で、本来のおいしさを味わって欲しい。
それが私たち造り手の願いです。

※よなよなエールの場合。
おすすめの飲み頃温度は、ビアスタイル(ビールの種類)によって異なります。
詳しくは各製品のページをご覧ください。

其之二 グラスに注ぐべし

エールビールの命ともいえる香りを十分お楽しみいただくために、
必ずグラスに注いでお召し上がりください。
香りが広が りやすくなり、エールビールの魅力をより深く体験することができます。

  • 透明なグラスに
    勢いよくビールを注ぎ泡立てる。
  • 泡が落ち着いた頃に、
    残りを静かに注ぎ足します。
  • まろやかな泡でふたをした、まるでパブで飲むかのような一杯が完成!

さらにエールビールをもっとおいしく味わうなら

グラスの詳細はこちら

其之三ゆったりと味わうべし

グラスに注いだ後、慌てて飲んではいけません。

一息ついて、まずは香りを楽しみましょう。
スッと勢いよく嗅ぐと、エールビールの華やかなアロマを存分に楽しむことができます。
香りを十分に楽しんだ後、いよいよビールを飲み始めます。

いつもの「グビグビ」ではなく「チビチビ」と。
一日の疲れを癒すように、ゆったりと味わうのもおいしく飲むための秘訣なんです。

エールビールにぴったりなおつまみ




お得に試したいなら btn

メールでお問い合わせ

モニター大募集!

年間契約ご契約者様特設サイト

よなよなエール公式ビアバル

このページのトップへ戻る